レンタル
アクセスランキング Tag[ 東京 ] - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つるかめ食堂 (新宿)

2009年05月24日 21:29

時々、酒の飲み方というものを考えることがあります。
僕は酒が好きです。好きというワードでは表せないし、愛しているなんてJポップなフレーズでは伝えきれないこの気持ち・・・気持ち悪いんだよアル中!!という本当に育ちを疑うような皆様の声が聞こえますが、確かに僕は気持ち悪い人間なので開き直って今日も飲みます。美味しいなぁーーゲヘヘ。


酒の飲み方と言っても、お上品なお店で「小洒落たチーズをつつきながら小洒落たワインを傾けたい!」とかそういうcancamみたいな事はまったく思わないもので、「下品な煮込みで瓶ビール!!グラスは小さめで」というのが幸せだと思う僕は安上がりな酒を飲んでいるのでしょう。

それに酒というほぼドラッグであろう嗜好品を楽しむにあたって、オシャレだとかお上品とかの概念は如何なものかと思うし、酒を飲むという行為は詰まるところ下品なものではないかと開き直っていますからね。(だけど下品な煮込みの店ばかりじゃ女子にモテなさそうなんで困った!!モテたい!!)


先にも述べたとおり、お上品な店でおしゃれな飲みというものは「今日は三杯も飲んじゃった~」って、愛されワンピの女子どもがやってろという話であって、大人の男として「粋」な意味での飲酒というものを僕は突き詰めないといけない時期にきたのではないかと思うのです。

では僕が普段どんな場所で飲むのが多いのかというと、恥ずかしながら粋のイの字もキの字もないチェーン店が多い。
理由は長居が出来るという一点のみ。毎回5.6時間くらいは飲みつづける、という本当に脳みそが麻痺している心配がある人間だからです。

以前、魚民という大変オシャレなチェーン店で一人9000円というビックリ会計があったのには自分自身引きました。


ええ?!チェーン店なのに!!魚民で9000円って・・・どんだけ飲んでんだよ・・・このクズは・・・

完全なる自己責任にもかかわらず、何故かとてもハメられた!!という気分になったものです。魚民め!!
飲みすぎ注意されたし。

かといって僕がすきなのは怪しい個人店なんですけども、長居をするとなるとどうしても難しい。
個人店を梯子すれば?なんて意見もあるだろうが、二軒目が満席という事態は大変興醒めであり面倒くさいものであって、だからこそチェーン店でダラダラ居てしまうのが現状でして、さらにボックスで区切られている席になんてなれば、その居心地の良さに甘えてしまうのです。店員呼ぶボタンとかマジで便利ですよね。

しかしながら一ミリも粋な飲み方ではありません。


それに客層といった面でも大学生やフリーターという「俺達今最高潮に楽しいぜ!イケてるぜ!」的なノリ&ヤングなトークを聞かされてしまうのもチェーン店の嫌な特徴。

「mixiで会った女とヤッたぜ!」みたいな下半身自慢(チンコ自慢)が聞こえてくるのもチェーン店ならではで・・・本当に詳しく教えて欲しいですよね。

そんなことを聞くたびに「店員さん。隣の席にアワビを一つ」などとクールにプレゼントしたいところですが、残念ながら魚民にそんな高級メニューはない。当然マツタケもない。ソーセージはある。

さてさていつも通り下ネタに走ったところで、ここまで読んでくれた人達が速攻でブラウザの×ボタンを連打してしまいそうなので、話をもどしまして僕が思う大人の飲み屋、飲み方というものを提唱したいと思います。


・歴史的背景のある店(偉そうな店はナシ)
・待ちの客が来たら、サッと会計し店を出る(粋すぎる!モテる!)
・生ビールではなく瓶ビール(グラスは小さめがベスト)
・甘い酒は置いてない(あってレモンサワー)

これが大人の店&飲み方ではないでしょうか。ハッキリ言って女子にもモテる。と思・・・う。

ということで行ってきました。




新宿「思い出横丁」

P1040926.jpg


通称「小便横丁」と呼ばれる一帯。
戦後に闇市が行われていた一帯であり、歴史や風情もタップリ。こういったところを気兼ねなく飲み歩く男って、気取ってワイン傾けている人よりも粋でモテる。
まあ小便横丁で飲むということとモテるということは全く別問題ですが、この日の僕はそう信じてやまなかったので本当に発想が気持ち悪いと思いました。書いている今。

P1040927.jpg

もう一つ新宿には有名なゴールデン街という究極な一帯もありますが、着物を着た婆さんに「ウチで飲め!」と追いかけ回された嫌な思い出があるため、今回は小便横丁に来たのです。あれはなんだったのかな??物の怪???


岐阜屋、朝起、ささもと、つるかめ食堂と有名な店がたくさんあります

P1040934.jpg

朝起はカエルや山椒魚といったゲテモノ系なメニューも多く、そして豚や牛の生殖器(俗称:チンコ)のラインナップでズバリ朝起を体現した有名な居酒屋なのです。
チンコに関しては食べたくないし、触りたくもない、見るオンリーに留めている僕は朝起をスルーし、つるかめ食堂へ向かいました。


時間はお昼過ぎ。
「本当の酒飲みは昼から飲んで軽蔑されて一流。そして店内に流れるNHKのニュースの政治家に苦言を呈したら超一流(当然独り言がベスト)」というのが僕の持論でありますが、養老の滝でどんなに贔屓目に見てもアル中な人達が真昼間から溢れんばかりで手酌しているのを見ましたら、絶対こんなオッサンになりたくないという気持ちが芽生えたので、
マジで一流の酒飲みとかどうでもよくなりました。

大人の飲んべえ論をいきなり崩壊させる怠惰な光景を尻目に、つるかめ食堂へinしたのです。

P1040933.jpg


「バカはうまいよ。つるかめ食堂」
「ソイ丼・元気丼 つるかめ食堂」

ノボリがとても素敵です。
店内に入ると、大変愛想の良いオバチャンに「開店直後だから揚げ物と炒め物はできないよ」という、とても自由度の縛られる宣言をされまして・・・悲しい。

ここにある「バカでアホでフラメンキン」定食を食べに来たのに・・・

スペイン語で、バカは牛肉、アホはニンニク、フラメンキンは南スペインの郷土料理という意味で、牛肉をベーコンで巻いた天ぷらという超高カロリーな定食がフラメンキン定食なのです。
肉を肉で巻く。よく巻かれるヤツ第一位のアスパラさんを差し置いて、よく巻く側の牛肉が巻かれるというオドロキレシピ・・・食べたかったのに!!これを食べにきたのに・・・どうして??・・・どうして・・・ねぇ・・・

未練たらしい男を一通り演じましたあと、仕方なく元気丼というネーミングセンス抜群な丼と瓶ビールをオーダー

P1040939.jpg

牛スジとマリネを米に載せた丼でして、マリネと米ってアンタ・・・と思いきや超下品でなかなかうまい。


そしてこれがソイ丼

P1040941.jpg

大豆のカレーを載せた丼でつるかめ食堂の名物です。ハムがカッコイイ。



料理は本当に安い

P1040938.jpg

P1040937.jpg

変わったメニューとして。ポジャ丼
牛スジを鶏肉で巻いたカツ。肉を肉で巻いて揚げるの大好きだな・・・
そしてベーコン丼という決して主役になれない名脇役のベーコンが、まさかの主演に抜擢されたとても気になる一品。



大変興味深いものの、焼き物、揚げ物ができない時間のため断念。
今度は夜にきちんと飲みにきます。










スポンサーサイト

ニューバーグ (高円寺)

2009年05月21日 21:07

高円寺には安い定食屋が多い。フリーターと学生が多いが故に、必然と量が多くて安い店ができたのではないのでしょうか。学生時代の大半を高円寺で過ごした僕も当然、これらの安い店にお世話になりました。

前回は団らんという店主と常連が濃すぎる混沌極まる定食屋を紹介しましたが、今回はニューバーグという洋食屋をレポートされたし。高円寺を代表するメシ屋の一つであって、店名から連想できるようにハンバーグのお店なのです。





P1040917.jpg

駅から徒歩3分くらい。中通り商店街というピンクなサロンの多い通りの中にヒッソリと佇むニューバーグ

P1040916.jpg



メニューを見ていただきたい。500円前後でハンバーグを食べられる、まさにエンジー(高円寺に住む人らしい)のお財布に優しい価格帯

P1040918.jpg

店内はカウンターのみで、目の前の厨房には鉄板があるというハンバーグ屋らしい作りなのです。これぞ洋食屋!!という感じの長い帽子を被ったコックさんスタイルのジイサンに食券を渡す。

長い間、高円寺のハンバーグを作ってきた自負があるであろうその眼光は、特別鋭くもなく、そして声はとても小さい。疲れきっています。




この日はサービスランチ550円を注文。おじいちゃん!!ベテランの技を期待してるぜ!!

「サービスラ…」

ええ・・・!??というくらい元気の無いスモールボイスでボソリと呟き、僕の期待に応えてくれるのか、ジイサン、長年の技術を感じさせるベテランの素早い動きでハンバーグをレンジにIN




レンジ・・・とな??

はいレンジです。
ニューバーグという店の主戦力は紛れもなくレンジです。常識です


・・・・では厨房内の鉄板は?

はい、これは目玉焼きを焼く鉄板です。ハンバーグ屋の鉄板で焼かれる素材はハンバーグではなく、まさかのeggです。ニューバーグでは常識です。そしてデミグラスソースは当然のごとく缶詰めです。ニューバーグでは常識です。


・・・あれ?ベテランの自負と技術は???

レンジです。二台のレンジを絶え間なく回転させる技は熟練そのものです。ニューバーグの技はレンジ捌きにつきるのです


客への配慮でしょうか。僕はレンジの「チン」を聞いたことがない。
家庭用の小さいレンジなのだが、カスタマイズして音が出ないようにしているのか、あるいは鳴らす前に開けるベテラン技なのか・・・
何をしようが目の前で堂々とレンジにハンバーグをinしているわけで、客からレンジは丸見えなわけで、「ウチのハンバーグはレンジで温めるだけです」という調理の仕方はバレバレなのに決して音は出さぬプロ意識。

いっそのこと鳴らしてくれたほうが気持ちいい感も否めませんが、お客さんに配慮するその心意気。大好きですよニューバーグさん!!


これにライスと味噌汁がついて550円

P1040915.jpg

当然レンジなだけに、ハンバーグはフニャフニャ。


誰かが言った・・・「ニューバーグとは、ニューバーグという食べ物なのだよ」

ハンバーグではない。ハンバーグを期待してはならない。だってこれは別料理、ニューバーグなのだから・・・
孤高で気高い・・・ニューバーグなのだから・・・・・





味についてはレトルトの缶詰め会社の手腕にかかってしまうため「超美味い」とは言えないが、「変動のない安定した味」とポジティブに考えて食すのが真の常連。しかし「レンジ&レトルト」という、ある意味飲食業の新境地への挑戦が感じられるニューバーグでありますが、不思議と無性に食べたくなるのが凄いところなのです。




この日も満席でした。大人気ですニューバーグ。

ニューしんばしビル

2009年04月22日 22:58

気がつけば20代後半・・・・
今まで自分には関係ないと思っていた30代というモンスターが、気がつけばひっそりと隣でにっこりと座っていたのです。


40:混じりっけなしのオッサン
35:オッサン
30:ややオッサン

ということで、おそらく僕もオッサンにカテゴライズされる年齢になるのです。
誰にでも平等かつ残酷に時間は過ぎていくわけで、オッサンになるのは仕方ないワケですし、それに抗う事もできません。アンジエイジングだなんて良いながらメンズエステに行くのとか・・・なんか女々しいジャン??だから僕は如何にカッコイイ一流のオッサンとして生きる事が重要なのではと思うワケで、いてもたってもいられなかった僕は本物のオッサンを求めて家を飛び出したのでした。。。

僕が一心不乱にオッサンを求めて到着した町は新橋でした。この時点で「カッコイイオッサンを探す」というコンセプトを大幅に間違えた町選びかと思いましたが、僕も無類の酒好きですので、結局大衆酒場とかでデロデロ飲むオッサンになりそうだからまあいいかと納得できたあたり、本当に将来が不安になりました。

ニューしんばしビルを御存知でしょうか?
下は商業施設、上はオフィスビルという六本木ヒルズの先駆け的な複合ビルでありまして、通称「オヤジビル」と呼ばれているモテる要素皆無なスポットです。

やっべー!?マジで選択間違えた??モテるオッサンになりたいのにサァー

P1030107.jpg

建築物としてもカッコイイものの、内部はオッサンまみれときたもんですよ。といっても、気取ったキザなオッサンってのも案外キモかったりしますからね。大衆文化に精通した粋なオッサンというのも悪くないんじゃないかな?
オッサンになった僕が、若い女子(淫乱)にモテモテな未来を想像しつつ、とびっきりのエロ顔で地下一階へと向かったのでした。


地下一階といえば、新橋ビルのメインフロア的な場所でありまして、オシャレ要素ゼロな居酒屋がズラリ

RIMG2933.jpg

RIMG2929.jpg

確実に仕事中だろという時間帯にスーツ姿のオッサンが、堂々と平日の昼間からビールを飲んでいたりと「ここはドイツかしら?」という光景が広がっていたりして・・・まあ・・・その・・・・・モテせんよね・・・・・・・



本気で町選びを後悔した僕は、気を取り直して地下から出ました。
そこは金券ショップに洋服の青山に立ち食い蕎麦という、オッサン三大ショップを確実に押さえていまして。

RIMG2937.jpg

このビルでオッサンの全てを満たせるという噂も嘘ではなさそうです。

見て下さい、このYシャツの量。

RIMG2939.jpg

「太ったらサイズ上げればいいじゃん!!」というダイエットをする発想ではなく、体に服を合わせる、ファッションの本来のあるべき姿を体現しているのではないでしょうか。オッサンはオシャレだな~


さらに上階にいきますと、飲食店、ゲーセン、マッサージ店、マッサージ店、ゲーセン、マッサージ店・・・・
とにかくマッサージ店とゲーセンのオンパレードなのです。歩く度に、韓国、中国、台湾式と様々なマッサージ屋に声をかけられまして、なるほど、新橋ビルは疲れたリーマンのオアシスなんだなと僕はこの施設の重要性に気がついたのでした。

疲れたらマッサージをして、暇つぶしにゲームセンターに行き、ストレス解消に居酒屋で飲む。
このビルはオッサンを全てを受け止めてくれるのです。都会のオアシスなのです。

なんだかこの時点で、みんなの欲求を受け止める偉大なビルが好きになってきていまして、むしろ感動さえ覚えたのです。なんて素晴らしい場所なのでしょう。みんなに必要とされる新橋ビル。次は一体どんなお店が僕に感動を与えてくれるのでしょうか。僕は意気揚々と歩みを進めたのです。








P1030110.jpg

「Dカップ」
嘘・・・・でしょう???そ、そんな・・・歯医者や英会話だって入っているこのビルのテナントに・・・えーッ?!?!吉野家出すようなテンションでアンタ、風俗店オープンしちゃうの!!????

意味がわかりませんでした。立ち食いそば、金券ショップ、マッサージ、ゲーセンときて・・・・ピンサロってさぁーーー!!!!
これには温厚なことだけが唯一の長所な僕もブチギレた。

疲れたらマッサージをして、暇つぶしにゲームセンターに行き、ストレス解消に居酒屋で飲み、ムラムラしたらピンサロで抜く・・・・・・
そんな・・・そんな馬鹿な・・・・・・しばらく呆然と立ち尽くした僕ですが「このビルでオッサンの全てを満たせる」という噂を思い出しまして、確かに・・・と呟くことしかできませんでした。

しかしながら屋内商業施設内にある風俗店は初めて見たのには驚きましたが、EやFではなくDというあたりに、オッサン特有のこだわりが垣間見えたきがします。


そういえば一階にスタミナアップのスッポン堂までありまして、

RIMG2936.jpg

さすが・・・オヤジの全てを満たす・・・・ビル。



一流のオッサンを目指して新橋ビルを訪れた僕ですが、なんか一ミリも参考になりませんでしたけども、別にエロくても立派にサラリーマンできそうなので安心してこのままエロく生きていこうと思います。




ニューしんばしビル

B級度☆☆☆
デートに使える度☆☆☆
加齢臭☆☆☆☆☆



おまけ

酒を飲むのに新橋をウロウロしてみると。1杯50円のビール

P1030109.jpg


いいなぁ新橋



船の科学館 別館 羊蹄丸(お台場)

2009年04月02日 13:43

※船の科学館 本館はこちら



北海道と本州を結ぶ連絡船

P1030338.jpg


「羊蹄丸」

日本人の生活に貢献し、引退後は船の科学館の別館として多くのフナーに愛されている連絡船なのです。船そのものを博物館にする心意気に敬意を表し、僕は感涙を禁じ得ませんでした。

皆様の想像通り嘘泣きである僕ですが、船内に入るなり持ち前の観察眼で一枚のポスターを発見

P1030398.jpg


ベロベロに酔い潰れながらも、あの日の羊蹄丸を思いふけるオッサン。時を経てもなお愛され続ける船なのです。
これは期待できます。推定50歳くらいの、会社員なら重役を担うであろうオッサンをここまで腑抜けにしてしまうほど羊蹄丸の魅力は凄いってことでしょうから。


博物館に入りますと、いきなり日本ではあまりいないんでは?というスタイルの船長がお出迎えです。

P1030343.jpg

身振り手振りしながら 「ようこそ~」 とか言うチープなスメルがプンプンでございますが。こういったお金かけてみたけどダサイというのは僕の大好物でありますが、ニヤニヤと満足気な笑みを浮かべて写真を撮っている僕が一番B級なスメルがするんじゃないか?と気がついたのは帰って日記を書いていたときでありました。将来が不安でしかたありません。




P1030350.jpg
イルカの乗り物


水中スクーター
P1030357.jpg

こういった王道のB級スタイルってほんとうに安心感があるもので、今の今までメンテナンスをし続けてきた運営に敬意を表した僕は、あふれ出る涙をあえて隠しませんでした。





またしても嘘泣きをカマした僕は、階段を降りて青函ワールドへと向かったのです。

このコーナーは当時の青森の生活を再現した空間でなのです。意気揚々と一歩足を踏み入れた先は

P1030362.jpg
P1030380.jpg
P1030370.jpg


KBO!! (高純度なB級のオンパレード)

これは!

P1030396_20090402132948.jpg

なんてKBO!
素晴らしい!! なんだよ。船の科学館の本館足元にもおやばねぇジャン?!
別館の方がハイレベルということでのB級感を敢えて狙ったとしたら、ここの運営者のレベルは相当のものではないでしょうか。恐るべし船の科学館運営陣・・・


しばらくすると親子連れが現れまして、「動かないから大丈夫」とやさしそうなママが子供に説明するという心温まる光景が展開されましたが

子供「ヤバい!」

P1030371.jpg

僕も怖い! 魚をこうやって持って帰る人いるのでしょうか? 妙にリアルすぎる人形は僕は大好きですが、子供にとっては少々バイオハザードな展示でしょう。しかし当時の過酷な生活を知るには良い展示であります。



突然オシャレすぎる人
P1030372_20090402132801.jpg



世界一美味しそうにオニギリ食べる人
P1030373.jpg



拳法の達人
P1030381.jpg



別れを惜しむセンチメンタル美人
P1030385.jpg




素晴らしいなぁ。羊蹄丸は。

そして 「お客さん、閉店です!」と寝ているオッサンを起こす店員

P1030393.jpg



こいつ!
P1030388.jpg


ポスターのオッサンじゃないですか!

カレーに日本酒とは、両者を打ち消しあう組み合わせがなんとも捨て鉢な心情が表れています。

それに店員

P1030389.jpg


首曲がりすぎですよコレ。もう何なの。アンタの首の方が心配だよ僕は。
マスターの頚椎に一抹の不安を覚えつつ、羊蹄丸を出たフェロであった


船の科学館 別館 羊蹄丸

B級度★★★★
デートに使える度★★★★
首の柔軟性★★★★★

ここを目指して行く価値あり





船の科学館(お台場)

2009年03月30日 22:24

そう、はるか昔、人々は海へ出た。
異文化を求め、未開の地を求めて、あるいは財宝を求めて。
大海原はいつだって僕ら人類のロマンの象徴だった。
知りたい!海を知りたい!!僕も魅惑の大海原へ旅立ちたい!!

皆様 ごきげんよう
B級研究家のフェロです。君たちもB級的世界の魅力に気がついてきたことでしょう。
意味不明なイントロでございましたが、僕の溢れんばかりの海への憧れは伝わったのでは無いかと思います。
母なる海とは言ったもので、僕らは海に懐かしさや神秘性を感じたりと、やはり特別な何かを感じられずにはいられないのでしょう。

というわけで今回はお台場


「え?お台場の海なんて東京ウォーカー的!!」 と冒頭で海のロマンを語った僕を蔑む視線を感じますが、早とちりすんなよ??
これだから本当に情報弱者共は…
デートスポットとして有名なお台場だけどね、実はB級マニアにはたまらぬ濃厚な施設のオンパレードなのですよ。
今日はその中の一つ、海への憧れが生んだ英知である船にスポットを当てた「船の科学館」を紹介したいと思います



P1030284.jpg



敷地内
P1030286.jpg



いたるところに船 船 船。船の科学館。確かにその通り!!と言うセリフをはきそうなくらい、そのまんまな施設であります。 船マニアにはヨダレものでしょう。年間パスポートなんかあったりして、どんだけ船好きなんだよそいつは……と若干唖然としつつも、何かに傾ける混じりっ気なしの情熱って僕も少し見習わないといけないなと真のマニアを尊敬しつつ入り口に近づくと、そこには一体の潜水服がいたのです

P1030287.jpg


これを装着すれば深海の高圧内でも作業楽勝のハイパースーツ。
さすが船の科学館。入り口からこういったマニアックな展示をカマして、水圧マニアの心を鷲掴み!!


P1030288.jpg

スゲーな。最新の技術は!!とめを輝かせた僕でありましたが、中の人の表情はかなり限界。作業楽勝ではないもよう。 やベーよ深海。そういった「深海マジでナメんな」という海の過酷さを再現してやろうという作り手の思いが込められている一体。









科学館内部へ



P1030301.jpg


P1030303.jpg


想像以上に、もう船だらけ。 タンカー、客船、貨物、軍艦・・・
船オールスターズ。船の幕の内弁当 なのです。



プロペラマニア用

P1030305.jpg



機関マニア用


P1030304.jpg


ガスタービンエンジンマニア用


P1030306.jpg


船マニアカップルがネジを接写で撮ってたりと、客層の濃さはかなりのもの

そしてスキューバの歴史
P1030310.jpg

前見えんのかな?



さらに追い討ちをかけるように、軍艦という船オタ、ミリオタの両者を狙い打ちした展示コーナーが現れまして、

P1030317.jpg


戦艦大和
P1030313.jpg

マジで船以外見たいという、この施設の根本を否定するような気持ちだった僕ですが、ビックリすることに「結構、船ってカッコいいジャン?!」と、この時点で僕は船がけっこう好きになっていたのであった!!
船!!船ーー!!



そんな船童貞の僕をさらなるディープな世界へと誘うかのような、キラリと光る魅惑のスマイル

P1030324.jpg


スキューバさん ……僕をめくるめく船ワールドに連れてって!!



そんな胸焦がれる船への熱い思いを秘め、僕はさらなる船の真髄をもとめ三階へとむかったのでした。


P1030329.jpg

三階は日本の船を中心としたコーナーで、先ほどの船とは違う木質の雅なデザインに心底カッコいいと思ったものの、次の瞬間「なんかもういいよ。船は……それよりラーメンたべたい」という無理矢理船を好きになろうとしていたことに限界がきまして、気がついたら実は一ミリも船好きじゃないなと再認識し、船の科学館をあとにしたフェロであった
 





ラジコン船コーナー
P1030330.jpg
百円で船動かしまくり

読書ルーム
P1030332.jpg
船の本だらけ


「船の科学館」

B級度☆☆☆
デートに使える度☆☆
船っぷり☆☆☆☆☆



次回
心から飽きた僕でしたが、なんだか別館とか発見してしまいまして、物凄く気の乗らないもののBマニとして行ってきました。青函連絡船「羊蹄丸」 。絶対みてくれよな!!




ブログパーツ SEO対策:B級
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。