レンタル
アクセスランキング Category[ 博物館 ] - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れる想い (目黒)

2010年04月03日 00:33

オシャレと言えばフェロ!と代名詞になってしまっている事実が本当に恥ずかしいのですが(笑)、先日もですね、またインテリアショップを巡ったりしてしまいまして、その止めどないオシャレオーラを全身に纏わせながら、目黒通りをキラキラと華麗に歩いていたのでした。

食事は松屋、家具はニトリ、スーツはコナカの皆様には、どだい理解できないでしょうが、かっこいいビンテージの家具っていうのは二つとて同じ状態のものはありませんから、それこそ頻繁に足を運んで見つけなければならない、タイミングが命の買い物なのです。
先日もそんなオシャレっぷりを遺憾なく発揮していたのですけども、いきなり現れた目黒寄生虫館という魅惑の博物館に心を奪われてしまい、「オシャレすぎる散策へのたぎる情熱」が跡形もなく散ってしまった僕は、「家具を見に行ったら寄生虫をカメラで撮りまくっていた」という破壊的に意味不明な結果になってしまったのを悔やんでいたのでした。
そんなこともあり今回こそはオシャレな僕によるオシャレな休日をオシャレに満喫すべく、寄生虫館等のオシャレ要素ゼロな罠に引っかからないように、心に楔をしっかりと打ちこみ目黒通りへと再び出向いたのです。僕くらいのオシャレエンペラーになれば、目黒通りから学芸大学方面へ行くという超絶に「通」なルートを歩いたりするのです。
マジでオシャレすぎる自分が怖くて震えがとまらねーよ・・・。

この世のオシャレ要素を一手に引き受けたような自分のオシャレっぷりにウットリしながら歩いていますと、やんだ!・・・嘘?!地震の学習館ですって!!


P1070633.jpg


スッゲー・・・入りてー・・・・・

しかしながら「B的施設に引っかからない」と心に楔を打ったばかりですから、超絶にソソる施設ですけども入るワケにいきません。だって僕が目黒に来た目的はオシャレな家具を見るということなのですから!
非常に残念ですが二回連続で罠に引っ掛かるなんて、ザコキャラのような行動をとるワケにはいきませんから、僕は地震の学習館への思いをグッと堪えて目的のインテリアショップに行くことにしたのでした。




「いらっしゃいませ。地震の学習館へ」

はいー。罠に引っ掛かりましたー。
あれだけB的施設には入らないと宣言したのにも関わらず稲妻の速さで入館した僕を、皆様は汚物を見るような表情で眺めている事と存じますが、もうそういった視線は慣れましたので気にせずに生きていこうと思います・・・。
僕が受付のおばちゃんに聞いたところ、この施設は消火器、煙の避難、地震のシミュレーションができるようで、大変興味深いラインナップに沸き立つ興奮を押さえ切れませんでしたが、今日の僕の目的はあくまでもインテリアショップ巡りという究極にモテる企画だった為、その時間を確保しなければなりませんから地震体験だけを申し込むことにしました。

しかしながら地震体験は始まる寸前だったようで「先程行ったグループに急いで合流できれば、地震体験に間に合うかもしれませんよ!」という案をおばちゃんに教えてもらい、僕は走って地震体験グループを追いかけたのです。
正直この辺りで「何で僕は家具を見に来たのに地震体験グループを追いかけているのか?」と、マジで頭上に「?マーク」が乱立する展開に割と引きましたが、とりあえず今は合流する事が先なので必死の形相で探したのです。

いた!地震体験グループがいたよ!!

いたと言うより、もうすでに地震マシンの上で揺られてやがるのです!!


P1070611.jpg
(地震マシン)


マジかよ!!間に合わなかった・・・・・
しかしながら、ここまで来て諦めることなんてできませんし、僕の地震への思いは過去最高のものとなっていたのです。

「スミマセン!スミマセン!ぼ、僕も地震に入れてください!!」

今思うと、おもいっきり悲痛な叫びがとても気持ちの悪い案件ですが、そんな必死な僕を地震マシンで揺られている老人会の皆様は、「コイツ何でこんなに地震に情熱傾けてんだよ・・・」という酷くドライな視線を遠慮なく一気に僕に向けまして・・・・・だいぶ帰りたくなりましたが、もう四の五の言ってられませんので「すまねぇ!すまねぇ!」と下衆な笑みをヘラヘラと浮かべながら、僕は地震マシンに入れてもらったのです。
ともかく・・・・・これで地震体験ができる!

「次はビルの八階部分での震度7のシミュレーションです」とガイドのオッサンが若干僕の行動に引き気味な表情をしながら地震の説明をした後、ゆっくりとマシンのボタンを押したのでした。

ガガガガガガガガガ!!!!!!

コエー!地震コエー!!
震度7コエー!!

スッゲー!!!震度7スゲー!!!!
しかしながら立っていられないレベルじゃありませんから、「まあ、こんなもんか・・・案外平気だな」とガイドのオッサンをチラリと一瞥しますと、僕の余裕すぎる視線を感じたガイドのオッサンはニヤリと不適な笑みを浮かべて「実際の震度7は・・・この二倍!!」とここぞとばかりのキメ顔で言ってのけたのでした。
ハッキリ言って、地震というものを二倍と明確な倍率で言ったことに唖然としましたし、実際と違うんじゃあシミュレーションならないんじゃ・・・という気持ちになったのは言うまでもありません。

かといって「本物はこの二倍」という絶望的な言葉は、老人会と僕に未知数の恐怖を与えたものでして、僕らが地震のパワーに怯え、たじろいでいるにも関わらず、ガイドのオッサンはさっきのキメ顔を遥かに上回ったキメ顔で「次は・・・関東・・・・・大震災」と何故か囁き系で言いながらボタンを押して追い討ちをかけたのでした。

ガガガガガガガガガガ!!!!!

わわわ!!コエー!!超絶にヤベー!!

先程のシミュレーションより大きい地震。なんて!なんてパワーだ!!
しかしながら立っていられないレベルではなかったため、チラリとガイドのオッサンを一瞥すると、僕の余裕すぎる視線を感じたガイドのオッサンは、ニヤリと不適な笑みを浮かべながら今日一番のキメ顔で「実際の関東大震は・・・・この二倍!!」

わかったよ。もういいよそれは。




皆様も地震に備えて一度体験してみては如何か
スポンサーサイト

目黒寄生虫館

2010年02月25日 22:30

僕くらいのオシャレさんになると、休日にインテリアを見に目黒通りを歩いたりしちゃうのね。まあ君達ニトリ達には理解できないでしょうが、家具にもビンテージなんてのがあってね、二つとして同じ状態のものは無いわけですから、気に入った家具を手に入れるというのは本当にタイミングが命なんですよ。少し格好つけて言っちゃうと、出会いの奇跡?なんて言うのかな(笑)

ここまで言っても、家具はニトリ、雑貨はダイソー、家電はアイワの皆様には御理解いただけないでしょうけども、いい品質の物ってやっぱり良いですよ。え?ソーテックを使ってたくせにだって?そんなもん記憶にございませんよ(半ギレ)

へんな横槍が入って話がそれてしまいましたが、衣食住の住を充実させるって本当に豊かな心を形成できますからね。
そんなオシャレな思想でですね、目黒のインテリアショップを巡っていましたら、素敵なダイニングテーブルなんてありましてね。こんな大きなテーブルに自分の好きな椅子を並べたりしたらカッコイイなぁとニヤニヤ近づきましたら、あれれ400000円?? ゼロ・・・・・一つ多くないかね?!
まあテーブルなんて所詮は木ですからね。何かの間違いでしょうと、目をひん剥いて何回見ても、100%まごうことなく400000円でした。

調子にのるなよ?中古車買えるぜ・・・・・
複雑なエンジンと違って、これ凄くシンプルな作りですよね・・・?なーにがインテリアだよ!マジでクソだな!と酷く勝手にブチギレた僕は、すぐさま踵を返して目黒駅に向かったのでした。

勝手に来て勝手にキレるという僕の得意技を披露してしまいましたが、まったく・・・目黒の奴は調子にのってやがるなぁ。と呆れ顔で歩いていますと、えぇっ?!?・・・あらやんだ、目黒寄生虫館ですって?!?

目黒寄生虫館ってこんなに綺麗でしたっけ?僕が昔来たときはもっとボロかったような気がしたけども・・・改装ですかね?なんということでしょうか。B級スポット好きだなんて豪語しておきながら、寄生虫館の改装情報すら知らないだなんて!!恥ずかしい!!情けない!!死にたい・・・。
でもよくよく考えてみたら、寄生虫館の動向を逐一チェックしているほうが圧倒的に気持ちが悪いという事に気がつきましたので、別に死ぬほどの事じゃないですし生きることにしました。

ともかく、僕の記憶から消えかかっていた寄生虫館の前を偶然通るだなんて、運命的なものを感じずにはいられませんから、もちろん稲妻の速さで入りましたよ。これも出会いの奇跡ですし。それに、ひょっとしたら寄生虫に詳しい男がモテるようなトレンド、寄生虫男子が流行るかもしれませんからね。
僕が寄生虫館に入ったのは2時くらいでしたけど、なんだか寄生虫好きのカップルみたいなのが一杯いましてね。思ったより寄生虫館ってデートスポットとして人気があるみたいです。

そんな光景を見た僕はビッグビジネスの匂いを敏感に感じ取りまして、日本性病博物館を思いついたのでした。
中高生に正しい性の知識や性病の怖さを教える教育団体として社会貢献をするというのを表向きとしておけば、全国の学校が性教育の一環として勝手に見学に来ますからね。入場料はモチロン団体割引無しで取りますし。それに避妊方法を教えるという大義名分を盾にして、コンドームメーカーから無償提供させたコンドームを格安で売りつけますからね。博物館ビジネスかぁー。考えてもいなかったなぁ。え?発想がクズ?存在がカス?HA!HA!HA!知ってます。

気持ち悪い妄想で脱線しましたが、話を寄生虫館に戻します。

P1070265.jpg


一階はホルマリン漬けの寄生虫がズラリと並ぶ寄生虫好きにはたまらない展示がありまして、こんなマニアックで貴重な展示はなかなか見られませんから、僕なんか本当に年甲斐も無くテンション上げちゃいましてね・・・わー!!寄生虫スゲー!!だなんて近づいたものの、マジで気持ち悪いなこの生き物は。なんなんだよ。キモイよ。

P1070254.jpg

そもそも寄生するという生まれた瞬間からニートみたいな精神性が許せませんよね。
スネをかじりつくしてやる!養分を吸い尽してやる!というのが生きがいみたいな感じがね・・・もう情けないですよ。
そんな精神性だから結局は人間様に勝てないワケです。所詮は寄生することしかできないのですから宿主に頭が上がらないのです。弱いなぁ寄生虫はよー。

僕は寄生虫の貧弱さを鼻で笑いながら二階に行きますと

グロ写真

なにこれー!!寄生虫超つえー!!
なんだよこのパワーは・・・寄生する宿主を殺す勢いなんですけ・・・やっべーよ・・・見境ねーよ・・・養分少しいただきます(笑)くらいかと思ってたけど、なにこのしゃぶり尽くすことに全力をかけている情熱は・・・・・

僕は舐めてた。栄養を取られて痩せるとか、下痢になるとか、腹痛になるとか……そんな症状かと思っていたのに……顔…食べちゃうの??
あまりの恐怖に呆然としていた僕にさらなる追い討ちをかけるように

グロ写真

ポ、ポコチンが・・・・・寄生されて・・・そんな・・・あまりにも巨大に・・・・・なんだよこれ。マジでこえーよ。よりによってポコチンって・・・・・

あまりの衝撃的な写真に、僕は昔読んだ寄生獣という漫画を思い出したのでした。
宇宙から来た謎の寄生生物に右手を乗っ取られた主人公が、他の寄生獸と戦う漫画で、人間のエゴや種の尊厳を描いた名作です。右手に寄生したからミギーという安易な名前をつけられた寄生獸を見て、「チンコに寄生してたらペニーだったな」とドヤ顔で言っていた中学の時のどうしようもない僕ですが・・・・・ポコチンに寄生とかマジでヤバすぎる。

寄生虫・・・・・こわい・・・

あまりの恐ろしさに青ざめた寄生虫館。しかしながらここは研究所を兼ねてまして、研究者のたゆまぬ努力によって僕らは健康に生活できているのです。良かった!寄生虫館が研究してくれて良かった!!

ありがてぇ!ありがてぇ!!

ありがてぇ!ありがてぇ!!

寄生されない生活の喜びを再認識して寄生虫館を後にしたフェロであった。




おまけ

P1070263.jpg

こんなのが肛門から出るとかヤバすぎる。

西大門刑務所歴史館 (韓国)

2010年01月28日 00:44

東大門、南大門といえば日本人にもお馴染みな韓国の観光地であるが、西大門という少し聞き慣れない場所も存在する。
僕が西大門へ行ったのは、朝鮮支配時に日本人に逆らった人間が収容される西大門刑務所歴史館があるからだ。
日本人における韓国人への虐待、暴行を展示するという反日精神満載のこの施設が、驚く事にホテルのロビーとかに「オススメ観光地」としてパンフレットを置いていたりする。
入館料も1500ウォンと格安だ。

広大な敷地面積を持つこの施設。僕が訪れた年末の韓国は凍えるような寒さであって、うっすらと残る雪が刑務所をいっそう冷たく見せていた。

P1060783.jpg

施設内には僕の他に韓国人の年配者が10人程度。おそらく当時を知っているのではないかと思える年齢の方々ばかりだったのが印象的だった。









建物内に入ると、悪そうな顔立ちの日本人が延々と拷問をしている姿を蝋人形で再現。

P1060801.jpg

P1060806.jpg

P1060817.jpg

P1060813.jpg

P1060809.jpg

P1060807.jpg

P1060794.jpg

P1060795.jpg


泣き叫ぶ韓国人の悲鳴と、拷問をする日本人の罵声がスピーカーから流れるなど、正直やりすぎな展示である。凄いことに韓国の小学生はこの施設を社会科見学として来館することになっていて、自分の先祖が憎き日本人に血まみれにされる展示を見るのだ。反日ナショナリズムの形成という大役の一端を担っているのは間違いない。

戦争の悲惨さや怖さを後世に伝えていくのは必要なことであって、そういった資料館はあるべきものであるが、ここは原爆資料館やひめゆりの塔などのような戦争の悲しみを残そうという施設と違い、反日精神育成へのプロパガンダが第一のテーマになっている気がしてならない。
日本人が悪で韓国人が善。どこの国だって自国を愛する思想はあるものの、この施設は白黒分明しすぎではないだろうか。



ボタンを押すことで、爪の間に針を刺せる拷問体験マシンや

P1060833.jpg

P1060837.jpg





日本人による死刑判決がおりて、足元の床が振動する(床が抜けて首吊りをするシミュレーション?)仕掛けなど必要なのだろうか?

P1060840.jpg




反日や嫌韓。こういったデリケートなテーマは荒れる事になりかねないので、記事にする事を躊躇ったけども特色のある施設だったため掲載することにしました。
これについて僕は良い悪いや、反日や嫌韓、右だ左だと言及するつもりは一切ありません。ただ展示の仕方としてやりすぎだとは個人的には感じます。
テーマがテーマなため、いつもと毛並みの違う日記となりましたが、こういった異文化の歴史館の写真を見て、皆様が良くも悪くも各々に何か思うところがあれば幸いです。




※次回!クソパソコンSOTECがいよいよブログを更新するのもままならないレベルでぶっ壊れたので買い替えに行ったら、ONKYO(旧SOTEC)をモーレツに進められたの巻!!絶対見てくれよな!




ブログパーツ SEO対策:B級
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。