レンタル
アクセスランキング Category[ テーマパーク ] - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガマ

2010年07月22日 22:39

ギリギリ狂牛か?という事に一抹の不安が残る安い牛肉ばかりを食べている脳がスカスカの皆様のことでしょうから、僕が以前日記に書いた群馬が誇る濃厚B級スポットのプラムの国の事は記憶にないでしょうね。

そんな皆様方に説明しますが、プラムの国といえばプラム農園の主がハンドメイドでコツコツと作成した、とても温かみのあるテーマパークです。

「B級スポットブログでモテて、あわよくば夢の10Pに挑戦できるのでないか?」といった、下心丸出しだった僕のゲスな精神も音速で吹っ飛ぶレベルのB級度でありまして、もう純粋に、ブラボー!マーベラス!と叫ばずにいられないほどの完成度をプラムの国は誇っていたのです。

ですから、その後に様々なB級スポットに行っても「素晴らしいB級スポットですなー。でもプラムに比べると…」「いやー良いB級!だけどプラムには…」そういった、常に比べてしまう圧倒的存在感、忘れられないテクニシャンなのです。いつだって僕の心に存在し続ける加藤鷹なのです。

いや、でも本当にそうなのでしょうか?僕がプラムの国こそ最強のBスポ!と盲目的に信じているだけで、新たに探そうと、見つけようとしていないだけではないのでしょうか?
ビートルズや手塚治虫のようにレジェンドとして、プラムの国をそういった絶対的な存在と決めつけていたような気もするのです。

そう思った僕は気がついたら、なんと茨城県へ向かっていたのでした。





B級スポットを目指す為に東京から三時間近くかけて茨城に行くという僕に対して、皆様の残酷で冷ややかな呆れ果てた視線が物凄くかんじますが、正直、出発一時間あたりで「あ、マジでナニヲシテイルノダロウボクハ!」と気づきましたので、これ以上なにも言わないでくださいね?

しかしながらプラムの国に匹敵するようなBスポなんてあるのでしょうか?あの手作り感、やっつけ感、そして滲み出る作り手の楽しそうなオーラ。

そんなのあるわけないよ!
フェロ!無謀よ!






P1080024.jpg


ありました。ガマランド。








P1080025.jpg


うっわー!恐怖の洞窟と同じスメルー!!

なんという佇まい。色気。そして少しの恐怖感…
こいつぁーブログ開設当初の沸き立つBスポへの熱いパッションを思い出してきたぜー!

俄然テンションの上がった僕は稲妻の速さで入場です!





P1080026.jpg

うん!想像通りキモイ!
なんという嬉しい入り口でしょうか。これから展開される内部のハンドメイド感がヒシヒシと伝わってきます。

怖ぇ…怖ぇよ…。ガマ洞窟の未知数なポテンシャルが怖ぇよ!

P1080027.jpg

P1080061.jpg


P1080050.jpg


負けてねぇ!負けてねぇよ!恐怖の洞窟に負けてねぇよ!


P1080054.jpg


P1080038.jpg

P1080041.jpg



見てくださいよ!このB級感!さすがや!さすがB級の宝庫の北関東やで!




そんなテンションの上がった僕は、前方に恐ろしそうな生首を発見です!暗くて良く見えませんが、確実に首が宙に浮いているのがわかります。

怖ぇー!怖ぇーよ生首は!

しかしながらゴールに向けて勇気を出して向かわなければなりませんからね!

いざ!生首!
















P1080055.jpg

マジでなんなんだよこのセンスは・・・




プラムの国夜の学校と今回のガマ洞窟で日本三大お化け屋敷と僕が勝手に認定します!
スポンサーサイト

未来の食卓

2010年06月07日 22:01

僕の好きなB級スポットの魅力を広めてモテたい!!

「何でB級スポットブログやるとモテるの?童貞なの?」と聞かれかねない精神からスタートした当ブログでございますが、最近流行りのB級グルメという言葉に甘えてしまい、高円寺の飲食店をレポして高円寺の女子にモテればいいやというひどく身近な考えになってしまったことで、「何のためにワールド・ワイド・ウェブに発信しているんだ!」と、本来のインターネットの可能性を思い出し、できれば様々な地方からモテたいという初心に帰り、本日は俺のパソコンに眠るB級スポットフォルダを紐解くぜ!!



焼き肉が食べたい!!

突然何を言うんだこの人は・・・と皆様は呆れ果てているかもしれませんが、一年のうち300日は焼き肉のことを考えていた「ザ・肉メン」こと僕ですが、最近は一年のうち200日くらいしか焼き肉に思いを馳せる事が無くなってしまった、焼き肉という料理の伸びしろのなさに気がついてしまった、そんな冷めた状況になっているのです。
いわゆるセックスレスというやつですね。

では何故か。一体何故に焼き肉への情熱が冷めたのか・・・

そう・・・僕は気づいたのです。長年焼き肉をプレイしてきて気づいたのです!

肉を焼くだけだと!!

えー!いまさらー!得意気にー!?と言われそうですが、そんなシンプルな事ではなく、肉質の差!もうこれだけなんですよ。焼き肉の持ち得る今後の伸びしろは。
焼き肉は今でも好きですし、美味しいと思いますけども、牛!豚!鳥!羊!で完成してるのですよね・・・

食べたい!もっと新しい・・・上記4動物以外の動物の肉が食べたい!!という若干カニバ的な病気を心配になるシャウトをしてしまいましたが、焼き肉好きとしては新しい食肉、第五の食肉を求めるのは自然の流れではないかと思うのです。

そんな溢れ出す肉リビドーにかられた僕は


















P1070865.jpg


ダチョウ王国にいたのでした。


「前フリが長いんだよ!」「お前の焼き肉事情とか興味ないんだよ!」と皆様には思われているでしょうが、僕も思います。どうして毎度毎度、無駄に日記が長いのか?どうして短い日記を書く能力がこんなに欠如しているのか?

キモイから!というアンサーがビックリするくらい高速で顔を出しましたが、キモイという現実を安易に受け入れたくありませんから、この疑問は僕の得意技の現実逃避で華麗にスルーさせていただきますね!

牛、豚、鳥に続く新しい食肉として注目されている動物、それがダチョウなのです。
こういう話をすると「ダチョウって鳥じゃないですかー(笑)」とか言う奴が必ず現れるけど、オイ。ギャル男。黙れよ?

カテゴリー的には確かに鳥ですけども、これは鳥というより・・・きょ、恐竜!!

P1070893.jpg


カッコイー!
やっべー!ダチョウ、カッコイー!
ウヒョー!美味そーー!!


この施設は入場券を購入と同時に餌をくれまして、なんと!ダチョウに餌をあげて!ダチョウとお友達になれる!!
そんな粋なサービスがあるのです!!


P1070887.jpg


ウフフフフ・・・餌見てますよ。可愛いなぁ。
可愛いよ。ダチョウ・・・可愛いよ。


P1070873.jpg



愛おしそうな表情で餌をあげる僕。ああ、ダチョウ・・・こんなにも愛おしいなんて。

・・・ダチョウへの愛が僕の中で芽生えた瞬間でした。




































P1070938.jpg


!!!


えー!愛が芽生えたばかりなのにー?!?!
餌をあげ終わった僕は次の瞬間、なんとダチョウバーベキューコーナーにいたのでした!!

「優しくすると、すぐ調子に乗るからな!」と100人斬りのジゴロのような笑みを浮かべながら、ダチョウを焼き出す僕。卑劣!!
なんだかんだ、卑劣な男の方がモテるって言いますからね。
「俺の暴力は愛情表現よ!」と言いながら、さっきまでペッティングしまくっていたダチョウを鉄板に押し付ける非道っぷり。モテる!!

それにしても楽しみだなぁ。東京からわざわざダチョウを食べに茨城まで来たんですからね。
僕に!新しい食肉の可能性を!焼き肉に未来を!!未知なる味を!!


えぇ・・・スッゲェ微妙・・・
不味くはないけど、なんか臭いし・・・

玉子は!そうだ!玉子焼きはどうだろうか!

えぇ・・・なにこれ固い・・・


第五の食肉!!だなんて時代を先取りしてドヤ顔だったものの、なんか・・・すごく牛肉が食べたいです・・・
しかしながら、これから改良なり重ねて将来的に食卓を彩る食肉として活躍するかもしれませんからね。
そんなダチョウの可能性に期待しているところ、わわわ!この牧場にアルパカがいるだってーー。なんと!アルパカがこの牧場で飼育されているというのです!!

アルパカといえばモコモコで目がクリクリとした、超絶に可愛いあの生き物ですよ!
先日はアルパカ牧場なるアルパカの聖地で裏切られましたが、今日はマジで可愛いネットで見たアルパカに出会えるかもしれません!

vip1066719ss_20100604082622.jpg
(ネットで見た猛烈に可愛いアルパカさん)


ダチョウを食べに来てアルパカまで見られるなんて、ダチョウ王国は最高やで!
俄然テンションの上がった僕はアルパカに向かって走りだしました。

アルパカ・・・会いたかったよ・・・アルパカ・・・・・


















P1070931.jpg


なんだよこれ。キモいよ。














三日月村 その2 (群馬)

2009年09月19日 20:05

怪異現洞をでた僕は、木枯らし紋次郎の資料館「かかわりーな」へ行くことに。


P1050752_20090919154606.jpg



「あっしにゃ関わりないこって」の名台詞から分かるとおり、人との関わりを極度に避けて生きてきた紋次郎に対して、「かかわりーな」。

どうなんだよそれ!
と、紋次郎の気持ちを慮る姿を演じたのち、「架空の人だし、まあいいか」というアンサーへと都合良くスライドさせ、かかわりーなへ意気揚々と入館した。


P1050756_20090919154600.jpg

P1050757_20090919154553.jpg



「紋次郎マニアにはたまらない!」

という、感想しか述べることのできない施設を虚ろな目で退館して、三日月村の奥へと歩みを進めると






も、紋次郎!

































P1050809.jpg



人との関わりが極度に嫌いだなんて、どんな陰気な男かと思いきや
































P1050810.jpg


男前!!


やっと会えたよ紋次郎。
喜びも一入(ひとしお)




だいたい資料館にも一体くらい紋次郎置くべきじゃないのかなぁテーマパークなんだしさぁ。

ひょっとしたら、ディズニーランドみたいにミッキーを同じ時間に二匹(匹でいいのかなネズミだし)出現させないとかと同じこだわりなのでしょうか?

ミッキーは世界に一匹しかいないのだから。
紋次郎も同じだよねマネキンだけど。

そんな三日月村のこだわりに感心してると、紋次郎の家の近くに小屋を発見。



馬だ!

P1050814.jpg



馬がいる!







これはキモイ!

P1050816.jpg


目が飛び出てる!

こういったホラー系まで完備とは、三日月村さすがだぜ・・・



馬の飼い主なのか、馬小屋の隣の部屋にいる女。

P1050817.jpg


苦労が滲み出てセクシーです。


そんな女性を見守る逞しい男

P1050818_20090919154919.jpg



いや、この目は襲う気だ

逃げて!


P1050818.jpg


逃げてー!


紋次郎何やってんだよ!
ここは関われよ!!

「あっしにゃ関わりない…」とか言ってんなよ!

と、一通り得意の妄想に興じていると、二階に何やら訳ありそうなセクシーな女性を発見。


P10508231.jpg












P1050820.jpg

凄くハゲてます。






ブログパーツ SEO対策:B級
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。