レンタル
アクセスランキング Category[ たてもの ] - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くれふしの里 (茨城)

2010年05月04日 19:35

世間はゴールデンウィークだなんて行楽に浮かれていますけれども、無骨である事に高い評価をいただいている僕は、ディズニーランドやUSJ等のありきたりなレジャー計画を聞くたびに「それは定番ですぞ~」とムックのイントネーションで呟き、呆れるほかありませんでした。
連休だから海外!連休だからディズニーランド!そういった王道なプランが悪いとは思いませんし、大型連休を取りにくい日本国でありますから、ゴールデンウィークに浮かれてしまう気持ちも理解できます。
けれども僕が残念に思っているのは、皆様がB級スポットの存在をすっかり忘れてしまっていることなのです。

マイナーやサブカルチャー方面を狙いすぎるのもいささか問題があるとは思いますが、あまりにもメジャーで完成された娯楽性を安易に求めるのも、自分で「楽しさを見いだす楽しさ」という喜びが少なく寂しい気もします。

そもそもディズニーランドが本当に面白いのか?疫病を撒き散らすネズミが主役ですし、なによりミッキーの雌バージョンがもの凄いレベルでケバくて淫乱っぽいですしね。どこの夜の蝶だよあれは・・・
そんなミーハーで東京walker的な施設を毛嫌いする僕ですけども、初めて行った時は完成度が高くてビックリしましたね。徹底して仕事してますよオリエンタルランドは!!た、楽しい!!
かといってやはり僕はB級スポットマニアとして「ディズニーランドに行きました!」だなんてmixi女子的な日記を書くわけにはいきませんし、音楽で例えるならエイベックスしか聴かなそうなミーハーで定番な皆様方に、マイナーなものの素晴らしさを伝えなければならない責務があると思っていますから、最近の日記がチンコだらけのどうしようもない内容だったのも合わさって、今日は久しぶりにB級スポットを紹介する次第。

そもそも「B級的な物を取り上げるブログを開設することでモテる」というマジで意味不明な目的で始めたブログですが、モテるどころかアクセス解析が軒並み「リアルちんこ」というようなエロ単語、リンク先が性病大辞典という全然B級スポットと関係ないサイトだったりと、仕事の合間をぬって一年以上頑張って更新した結果が何かの間違いとしか思えないモテ要素絶無なものだったのには、さすがの僕もパソコンのモニターの前で「こ、こんなはずじゃ・・・」と歯を食いしばるほかありませんでした。
それにB級スポットサイトとしての知名度やアクセス数は全くありませんし、ブログ自体がどうでもよいレベルの内容と気持ちの悪い長文という意味で、大手人気ブログになる予感を微塵も感じさせないB級なブログですから「ハハハ…自らがB級を体現しちゃうなんて・・・とんだ完璧主義者やで!!」と自虐的に呟いた僕の顔には、一ミクロンも余裕の色がなかったのは皆様の想像通りです。モテたい!

ですから今回はB級スポット好きの女子からモテるブロガーを目指すべく、原点回帰しまして、行ってきました「くれふしの里古墳公園」へ

正直いつものパターン通り「古墳公園に行くことが何でモテるんだよ?」という疑問に、何一つ反論できないチョイスなのですが、武将ブーム、幕末ブームときて、古墳ブームが女子に流行らないとも言えないワケで・・・いや流行りませんね。なんだよ古墳好き女子って・・・こわいよ・・・・・

またしてもチョイスを間違ったかな?と後悔の念が頭をよぎりましたが、僕の想像以上に良いB級スポットでして、見てくださいよ!!




P1070944.jpg


わわわ!!牛伏4号墳!!
古墳マニアにはたまりませんよね。土器までありますし。いやーコレハ良い古墳ダナァ!!



そして

P1070966.jpg

牛伏6号墳!!
あの牛伏6号墳ですよ!!普段なかなか見れませんからね!!と盛り上がっている古墳好きの僕を演じてみたものの、なんなの地味だよ。

まあ人様の墓ですからね・・・墓見て楽しいとか普通無いですし・・・・・
僕が古墳の前で呆然と諦めたそのとき




P1070949.jpg

パイオツやー!古墳時代のパイオツやー!!太古の巨乳やでー!!
これに子供が乗って遊ぶとか・・・ぼ、僕も、パ、パイオツに乗りたい!!と思いましたが、なんだか凄く固そうなのでやめました。石ですからね。なんの目的の遊具だよこれは。




素人の皆様の瞳には計画性皆無なように見えているであろう僕でしょうが、わざわざ古墳公園まで来た本当の理由はですね、

















P1070954.jpg

はに丸タワー。これを見に来たからですよ!!
見て下さい!この堂々とした佇まいに、晴れ渡る空、足元の家族連れの弁当タイム!!
はに丸タワーの大らかさが伝わるベストショット!!!

うん。カッコいい。
さすがだね。B級スポットブログを執筆する僕は。これはモテすぎて困る予感・・・・・





おまけ

ハニ丸タワー内の真実の口のようなもの


P1070958.jpg

案の定故障です・・・

スポンサーサイト

土合駅 (群馬)

2009年05月18日 09:04

東京に住む僕の移動手段は専ら電車です。毎朝駅まで歩き、電車に乗り会社へ向かう。
満員電車には辟易するものの、この素晴らしき発明のおかげでスピーディーに移動ができるのは大変ありがたいことです。凄いなぁ鉄道は。
と言っても鉄オタではないですので、電車を移動手段としてしか捕らえていない僕には、鉄オタと言われる人達の情熱は残念ながら理解できません。一体、電車の何がそんなに魅力的なのか・・・?デザインやスピード?あるいは決して手に入れる事ができぬ故の憧れでしょうか?

思いは多種多様あるでしょうし、男の趣味なんて大概は他者の理解を得られるものではないですからね。きっと僕の趣味だって、他者の目にはそう写ることでしょう。

しかしながら、旅情と言われれば鉄道に俄然色気が湧いてくるから不思議。「失恋一人旅」というシチュエーションならば、そこは車ではなく絶対に電車でなければ風情がないもの。

知らない土地へガタゴトと窓の外の雪景色をボンやりと見ながら・・・・車じゃ出せない色気が確かにある。

こういったロマンやドラマも含めて、鉄オタさん達は電車を愛しているのでしょう。そうに違いない。そうだ。
とそういったドラマ性は電車内も十分ありますが、出会いと別れ、出発と到着の「駅」の方がひょっとしたらロマンチックな場所ではないでしょうか。
今日はそんなドラマチックな存在の「駅」にスポットを当ててみたいと思うあたりが、本当に僕は圧倒的にロマンチストだな。



土合駅

P1040717.jpg


群馬の山中にある駅。
日本一地下にある駅として、「日本一のモグラ駅」と言われているのです

P1040718.jpg

どうせ行くなら日本一が良いという単純な思考回路で土合をチョイス。
山中にある駅ということもあり登山者の利用が多く、駅内では自分でお湯を沸かしてカップヌードルを食べる爺さんの姿等見られ風情たっぷりで最高ですよね。

P1040782.jpg

気をつけろよ爺さん・・・生きて・・・またここで会おうぜ・・・
爺さんに別れを告げ改札を通る。

P1040719.jpg

山中の駅だけあり無人駅であって、ガランとした駅は廃墟のような雰囲気を醸し出し、あたかも時が止まったかのような静寂に包まれている駅舎内

P1040720.jpg


P1040721.jpg

P1040722.jpg


そういえば改札口に「注意ここから下りホームまで10分」と書かれていた事を思い出しました。
改札からホームまで・・・10分ですと???



とても駅とは思えない長い通路を歩いていくと、


P1040723.jpg


前方にポカンと口をあけたトンネルが見えてくる。なるほど、あの穴から階段で地下へと降りるわけです。
日本一のモグラ駅・・・名ばかりではないことを期待してるぜ。











P1040726.jpg


えー!?!?!?モグラにも程があるーーー!!!

なんだよ・・・この駅はよー??!!電車に乗るのに下山ですかい??
永遠とも思われる、先の見えない階段の前で僕が立ち尽くしていますと、鉄オタ達がおもむろに三脚を取り出し始めながら連写していたので僕も負けじと、20000円のデジカメで撮りました。僕のデジカメだけ望遠鏡みたいのが付いてなかったのでとても敗北感がありました。


暗闇の中に吸い込まれそうな恐怖感・・・ダムやビルなどの巨大人工物とは、何故かくも怖いのか・・・
こんなものが作れる人間の凄さ、あるいは巨大なものと対峙した時の自分の無力感故なのか・・・
人間とはなんて凄いのでしょう・・・こんなものが作れるなんて・・・凄い!!凄いよ!!でもエレベーターも作ろうよ!!

なげーーよ!!いつまで降りるんだよこの駅は!?

P1040725.jpg


階段の脇にあるスペースはエスカレーターを作る等の噂があるらしいけども、利用客の少ない無人駅で、しかもこの長さとなればガセネタでしょう。
階段を降りていくと、壁からは多量の地下水が吹き出ていましてアドベンチャー感もたっぷりです

P1040731.jpg


10分という時間をかけて半ギレで降りた階段ですが、やっとこさホームが見えてきました

P1040733.jpg

電車待ちの人は見当たらず、僕と同じくカメラを持つBマニと鉄オタさんがいるだけというロマンチックさ皆無な駅でした。

先の見えないトンネルをパシャリ

P1040736.jpg


ホームのトイレをパシャリ

P1040737.jpg

がんばって来た割には普通過ぎるホームという本当に微妙な展開でありましたが、そうだ!帰りは登りだったのだ!と降りてきた階段を振り返りますと


P1040751.jpg

なにこのラスボスのダンジョン・・・・
これでまだ半分の200段ですからね・・・



途中に休憩できるベンチあり

P1040753.jpg









462段ゴールです

P1040763.jpg


残り24段・・・がんばって下さいって・・・初めてJRに言われた言葉ですね


さてさて今度は上りホームを見てみましょうか

P1040770.jpg


これは下りホームと違い、改札より10秒くらいの超近距離なのです

P1040778.jpg


何でしょう、上りと下りのこの差は・・・のどかです




ドラード和世陀

2009年04月13日 20:55

カッコイイ家に住みたい!
女の子にモテたい!!
主に夜来てほしい!!

1日の内、20時間は性の事を考えている皆様の事ですから、カッコイイ家に住んであわよくば……なんてイヤらしい事をニヤニヤと考えているのでしょう。確かに良い部屋に住んでいるというのはモテる要素になるわけですが、生活基盤の「衣食住」の他の要素とは違い、なかなか簡単に手を出せるものではありません。
だからこそ住というものは価値があるわけで、すなわち、これを押さえてしまえば後は問答無用にモテ放題というワケ。つまりは10P、20Pは日常茶飯事ということです。

ここまで読んでいただいた方々がモテモテの人生への切符を手に入れたということは言うまでもありませんが、あくまでも切符なワケで、行き方向を決める必要があるのです。
ではどこに住めば良いか?本気で答えますと六本木ヒルズで完璧です。というより、たぶんマジであそこに住んでいる人は10Pとかしてると思う。しらんけど。

「そっか!六本木ヒルズに住めばモテるんだ!」と言って引越の手続きを始めちゃうようなセレブな人は、こんなクソブログ読んでいないと思いますので、もっと身近な物件を考えてみる次第。
本当に僕ら男ってやつは、いつだって「努力しないでモテたい」という精神なのだからクズすぎる。
入院しただけなのに「もしかして看護婦さんの方から・・・」そういったかなり無茶なAV丸出しの妄想だって、少し期待しちゃう愚かな生き物なのだから仕方ないのです。。。

まあ今回も良い部屋に住めば問答無用にモテるというかなり無茶な話でありますが、モテる方向には間違いなく近づくと思いますのでこのまま続けていく寸法です。
高級マンションや一等地に住めないのであれば個性。個性を前面に押し出すしかありません。カッコイイ、アートとしての建築に目を向けるワケです。

建築をアートの域までに引っ張った建築家といえばアントニオ ガウディ。

彫刻の建築
有名なサグラダファミリアは今も彫刻され続ける、着工1882年というロマンに満ち溢れた作品なのです。

しかしながらガウディ建築に住むなんて、どだい無理な話ののですけども、日本のガウディと呼ばれる建築家の設計した集合住宅が日本にあるではないですか!!




ドラード和世陀
P1030794.jpg

早稲田にある集合住宅なのです。早稲田を和世陀。この時点で結構モテる。


P1030803.jpg

P1030793.jpg

P1030792.jpg

P1030796.jpg

女体!!これはバツグンのセックスアピールですね!!



こうしたエロスをアピールしているワケですから、この家に来てくれる女の子は、まあ・・・期待してもいいんじゃ・・・ない??と本当に勘違い極まる期待の臭いがプンプンしますが、壁にパイオツついていますから、そんな妄想も仕方ないんジャン?!


ともかく本当に個性的な物件でして、エントランスの床から素敵なデザインであって、

P1030797.jpg


天井は林檎がぶら下がる不思議空間。

P1030800.jpg


P1030802.jpg

(ポ、ポコチン・・・かしら?!)




そしてエントランスには定番の





P1030798.jpg

手ですね。
エントランスホールに手が吊り下がってまして・・・・・手好きの女の子ウケはいいのではないかな??
建築物的にとても価値があるので、部屋が空いてもすぐに埋まってしまうようですから、住みたい人はこまめにチェックしてくれよな!!



ドラード和世陀

設計:梵寿綱
竣工:1983年8月
構造:鉄筋コンクリート壁式ラーメン構造
規模:地上6階、地下1階


最新記事


ブログパーツ SEO対策:B級
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。