レンタル
アクセスランキング Archives[ 2009年03月 ] - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高円寺 団らん

2009年03月22日 10:02

記念すべき第一回はブログタイトル通りの高円寺。

高円寺という町はB級の集合体なのです。古着とロックと大衆酒場に阿波踊り・・・
若者と年配者、サブカルと伝統という通常混在しない要素がが程よく相俟って、高円寺にしか有り得ることのないユルさとカルチャーを作り上げているのです。「人をダメにする町」と揶揄されるほど、自由な空気に満ち溢れている居心地の良い町なのだ。

高円寺という濃い街ををテーマにした時点で、何をピックアップしてもB級になり得そうであるけども、今回は高円人ご用達の定食屋にスポットを当てて紹介する次第。

P1030096_20090322095449.jpg

「団らん」である

見ての通り取り替える気すら皆無なくたびれたノレンと、1/3以上無くなっている赤提灯。すでに外観だけで多くの通行人がスルーするであろう、商売として大幅に損をしている佇まいでありますが、そういった部分に高得点のB級感が漂います。新しいの買えば?なんて言うのは野暮ってものでしょう。どうぞスタバに行ってください。

そして、この看板です


P1030092.jpg

「一歩先を行くあなたに 一歩先を行くお食事を」
勝手に人様を「一歩先行く人」と認定していますが、確かに「普通の人」は一人で飛び込みにくい外観ですので、一歩先なのか一歩遅れているのかは僕のような凡人には分かりませんけども、とりあえず一般的な人ではお食事しにくい何かがこの店にはあるのは確かです。

そして「一歩先を行く人」とハードルを上げているのにも関わらず「女性の方 お気軽にどうぞ」、という選民しているように見えながら物凄くウェルカム。書いた店主も「女は無理だろう・・・でも、もしかして・・・」の、あわよくば的な希望が垣間見えるあたり、そういった素直さ、僕は大好きですよ団らんさん!!

ともかく、見た目のオシャレさばかりを狙った最近の飲食店とは違い、媚びず、群れずの、高円寺定食屋の正しい姿を団らんは体現しているのです。

メニュー

P1030095.jpg


焼き肉定食
カツ丼
カレー

という定番メニューの中

「パプル定食」

絶望的に意味不明なメニューのパプル定食、という何だか日本人には少々毒々しい響きの定食がエントリーしていまして、さらにオムレツ定食がオレレツ定食、玉子丼が玉丼になっている卑猥さにも注目したい案件です。

そんな魅惑の団らんメニュー陣に、僕のテンションも上がりまして、意気揚々とノレンをくぐり店内へ入ったのでした。
団らんといえば昼からすでに酔っ払ってる常連が必ず店の右の方に2.3人座っているというのが定番でありますが、この日は珍しく常連が一人、そして男性客が一人の計二名がいたのでした。
僕は一番左の端の席に腰を掛ける。常連が右のほうにいっぱい来るからです。

マスター「こんな汚い店に良く来るね?」
いきなり凄い自虐的発言をカマすマスター。本当だから困る。
少しマスターと話をしたあと、僕はずっと気になっていた質問を投げかけました。「パプルって何ですか?」

マスター「不味いよ!一度食べたら二度と食べない。オエー」
僕の質問にメニューの内容は教えてくれず、ただ不味いということと、二度と食べたくいない料理ということを伝えてくれるマスター。

「・・・・・生姜焼き定食で」

逃げた。僕は逃げました。なんせ、つくっている本人が渾身の表情でオエーですからね・・・




生姜焼き定食

P1030094.jpg


写真ではわかりにくいですが、ご飯の量がもの凄い。これが団らんの特徴。いや団らん特有ではなく、高円寺の定食屋全体に言えることです。
大量のご飯を無我夢中で咀嚼している僕の横で、食事を終えた男性客が勘定を払おうと、財布から1万円札を出したのでした。

「こんな汚い店で一万円だすなよ~金ないよ~」

「スミマセン。手持ちなくて・・・」

どうやらマスター、お釣りが無いらしいのです。おつりを用意していないあたりがそもそも凄いのですが、マスターの本当に凄いところは「どっかで買い物して崩してからまた来てよ」という発言を客に遠慮もなくカマすところではないでしょうか。

マスターの自由すぎる経営スタイルに僕が唖然としていると、黙ってサワーを飲んでいる常連の酔っ払っいオッサンが
「こんなこともあろうかと、今日は銀行で両替してきました」と、突然五千円を二枚だし男性と交換したのです。

「こんなこともあろうこと」だって??そんな予想できんのかよこいつは?エスパー?
あまりのドヤ顔には僕もビックリしましたが、客と店が協力しあうこのシステム・・・まさに「団らん」・・・・・


その後「五千円札の小回りの良さ、紙幣の中でのバツグンの便利さ」を延々とキメ顔で語る常連と、二千円札を五千円札と勘違いして500円の定食のおつりに4500円をあげまくっていたというマスターの怒りの失敗談を聞きながら僕は完食したのでした。

そろそろ店を出ようかとしたとき、気の弱そうな男性がが入店してきたのです。
大学生くらいでしょうか?体も華奢で、こんな大盛の定食を食べられるのだろうかと余計な心配をしている僕の横で、カッと目を見開き

「パプル!!」と一言。

アンタ!!そんな無茶な!!! コイツ・・・・勇敢さを履き違えてやがる!!


さっさと店を出たいものの、料理の内容すら教えてく貰えなかった僕は、どうしても実物のパプルが見たくてしょうがないのです。
だから僕は食べ終わってからずっと時間稼ぎのため、水をひたすら飲むのでした。

マスター急いでくれ!! 常連と派遣村について喋ってないで、早くパプルを作ってくれ!!
そして僕の腹が水でガブガブになったときに、魔性のパプルが完成したのでした。
焼いた肉を刺身のように醤油をつけて食べるというだけの、絶望的に何がパプルかわからない料理でした。


オエーに躊躇し注文できなかった自分にB級マスターまでの遠い道のりを感じたフェロであった


団らん

B級度  ★★★★
お手軽度  ★★★★
デートに使える度 ★
マスターのB級度  ★★★★★

最高のマスターです
500円で超満腹 さすが高円寺!!



スポンサーサイト

明治大学 刑事(拷問)部門

2009年03月24日 22:11

今回は

P1030072.jpg


「明治大学」
明大の何がB級? と情報弱者の皆様は思われるでしょう。
モチロンBマニの方々は当然お気づきでしょうが、ここの地下にはかの有名な拷問器具「ニュンベルクの鉄の処女」、通称アイアン・メイデンが展示されているのです。

拷問器具や処刑器具を展示し、罪と罰、法と人権を考えさせるのが明大の狙いなワケですね。なるほど……血なまぐさいものは隠してしまえという日本教育に対して、敢えて見せる事での一歩踏み込んだ考察をさせるのだな、と何故か飛びっきりのキメ顔で呟き明大に入ったのでした。


エントランスに入ると目の前にイタ飯屋(死語)があったりしまして、
P1030073_20090614142032.jpg
大学とは思えない、遊ぶ気満々のスメルがプンプンしまして、「チャラ夫め!明治!! 歩く生殖器達め!!僕はもっと重いテーマで来てんだよ! 」 と理系という男ばかりだったイカのスメル漂うキャンパスライフを過ごした僕は、醜い嫉妬を前面に押し出した表情で、博物館特有の薄暗い階段を下り、地下2階に向かったのでした・・・








P1030074.jpg

ぎゃあああああああああ!!!!!!

一面でいきなり大ボス登場ですかー!?
いきなりメイデン様ですかぁぁぁ!?
ふざけんなよ明大!!合コンばっかしやがって!!僕も誘って!!
いきなり一番エグい展示に高円寺の良心と言われていた温厚な僕もブチギレましたが、なんかよく見たら順路を間違えて逆走していた自分のミスでした。

ともかく見てくださいよ

P1030088_20090616001416.jpg

このおぞましきトゲトゲ…
なんだよこれ考えた奴。マジで想像力欠如しすぎだろうが!!き、気が狂ってる?こんな残酷な物考えるなんて……き、気が狂ってる?!うひひ、うひひ

なんだか恐怖のあまり僕の気が狂い始めたので、もっとソフトな奴から見学することにしました



P1030084_20090616001415.jpg

えー??ギロチンですかぁぁぁぁ!!!!?
そ、そんな!?いきなりのメイデンの後に追い討ちのギロチンだなんて!?
ぼ、僕、拷問器具見学童貞です……よ?
初体験が、いきなりケツだったみたいな遠慮のなさ?
僕はもっと初心者向けな奴から見たいのに…なにこの圧倒的存在感のカリスマ処刑具ツートップは

競演することの無い大事件。シュワちゃんとスタローン。ウィル・スミスとエディ・マーフィー。

ダメだ!!上級者すぎる。だいたい拷問じゃなくて、処刑のカテゴリーじゃん??これ死ぬジャン?
法と人権を考えに来た僕は、いきなり死刑から入ってしまったワケで、他の展示が全て「死刑よりマシ」というどうしようもない事になってしまったのでした。


しかしながら西洋の奴らは本当に狂ってるな……戦慄を覚えた僕は西洋に嫌気がさし、日本の拷問を見に行くことにしたのです

P1030090_20090616001416.jpg


P1030091_20090616001417.jpg

あんらー!?日本もエグーーい!!
斜めに刺すのがポイントとかさ……なんなん?
休日に一人で拷問器具を痛てぇという表情で見に来ていることに、自分でさえも時間の使い方に一抹の不安を覚えた事は言うまでもありません。
僕が自分にドン引きしていますと、拷問器具の博物館という内容上、最も予想していない「家族連れ」が現れたのです。家族で拷問とな・・・?

子供は小1くらいでしょうか「パパーこれ人殺す道具なのー?」

「そうだぞー怖いだろう?ワーハハ」

そ、そんな!?動物園みたいなテンションでアンタ……
早いよ!早すぎるよ!拷問器具を見せる教育はまだ早いよ!
僕なんか今日始めての拷問デビューですよ?!(いきなりケツでしたが)

アットホームな空気と展示品のエグさのギャップに嫌気がさした僕は、今度こそはと順路を間違えないようにソフトな拷問器具の方へ行ったのでした。
そこには大学生と教授が拷問器具の前で、なにやら真剣な面持ちで話し合っているではないですか。
なるほど。勉強熱心な学生が、教授に拷問の背景にある時代背景等の質問をしているのでしょう。ひょっとしたらレアな拷問情報が聞けるかもしれない。
僕は沸き立つ好奇心を抑えて、さりげなく彼らに近づいたのです。

教授「なんだかんだ電気は強いよ~」
学生「やっぱり東京電力ですかね」

進路相談してんじゃねぇよ!!!!!!!!

凄い博物館なので是非




おまけ


貞操帯

P1030087_20090616001416.jpg

妻の浮気防止の鉄パンツ




石器マニア用

P1030079.jpg




はにわマニア用

P1030077_20090616001348.jpg



B級度 ★★★
デートに使える度 ★
お手軽度 ★★★★★(無料)

一度行ってみると良いです
罰と秩序、狂気と正義 考えさせられます

ベンダースタンド酔心 (新橋)

2009年03月28日 00:09

敵は女なのです。
気がつけばいつだって僕らの居場所を侵食しまくっているのです。
例えば焼酎
焼酎といえばオヤジくさい、アル中くさい、そういったオシャレ要素皆無などうしようもないイメージの飲み物であったのに、いつの間にか焼酎バーですってよアンタ。なによそれ

「アタシ焼酎が好きなんデスー」 などと、大人かわいいメイクで焼酎好きをあたかもファッション感覚で言われても、僕のような精神ひん曲がりの人間は「焼酎好きだと言うことでの酒の違いがわかる女アピールかしら??」という素直に認めたくない思考回路がグルグル回ったあげく、「そうなんだ!すごいね」と一ミリも感情を込めずにか言うのが常なのです。

例えばモツ鍋
オッサンそのものを食べ物にしたような、ギトギト、コテコテ、プリップリの鍋です。それが一体なぜでしょうか?今や「オシャレでヘルシーなモツ鍋屋」というヘルシーとモツとの相対するワードがアチコチに!遠慮もなく!西へ東へ!コラーゲンというポジティブワードで誤魔化して!
オッサン臭いギトギト鍋も、彼女達のブームという手に掛かれば、あっと言う間にオシャレ&ヘルシーに……

「愛されメイク」
「小悪魔ボディ」
「和スイーツ」

などの、赤面するような文言が雑誌の表紙を飾り、面白おかしくオシャレにするのはのは結構ですが、「オシャレなモツ」「オシャレなホッピー」などあるわけないじゃないですか?内臓と偽貧乏ビールですよ?
これ以上!僕の!僕らのテリトリーに来ないでちょうだい!!さすがの僕も居場所を侵食される危機感に苦言を呈さずにはいられないのでした。


極めつけは立ち飲み屋まで・・・・・
三年前くらいでしょうか。新聞の経済面に「立ち飲み屋が女性に人気」というまさに白目を剥くような記事に遭遇したのです。
この時は「やめて!もうやめてよ!!もう十分でしょう?!せめて、せめて立ち飲み屋だけは残してください!!」とジャンピング土下座で天に懇願したものでした。しかしながら現実はいつだって残酷なものでして、立ち飲み屋にドヤ顔でビールを飲み干す女子達が増えていたのでした・・・・・
「僕らはサア、岩盤浴とかネイルとか行かないジャン?頼むから棲み分けしっかりしようよ」僕の声はどこにも届かないのでした。一体どんな基準で彼女らの琴線に触れるかは、僕のような足と足の中間にキノコのようなものが生えている性別の人間にはわかりませんが、とりあえず「オッサンくさい大衆的なものをあえてチョイスする。そしてブームが終わった後には値段だけ上がっている」というのが現状なのです。
事実、ビールが飲めない貧乏人の為に生まれたホッピーという安酒が、今やビールと変わらない値段まで吊り上げられてしまっているじゃないですか!!やめて!!僕らの大衆酒場を荒らすのやめて!!もう僕らのカードはゼロ……ですよ?

ならば、僕ら男が流行操作してブームを巻き起こす反撃にでては如何でしょうか。

「愛されブリーフ」
「ガチムチボディ」
「和プロテイン」

ワオ!!これはキモイ。なんか全体的に筋肉を押し出していそうなワードに自分自身嫌気がさしましたので、話を本題へと進めますが、今日はですね、そんな「オヤジ文化をオシャレに通ぶる女達」をまったく寄せ付けなかった立ち飲み屋を紹介したいと思うのです。
僕が知る限り最強の立ち飲み屋なのです。

ベンダースタンド酔心


F1000042.jpg




サラリーマン天国の新橋という環境により独自の進化を遂げた、ガラパゴス立ち飲み屋なのです。


F1000049.jpg


鈍い君達もお気づきでしょう。イエス!無人の立ち飲み屋なのですよ。ズラリと並ぶ自販機の真ん中にテーブルが三つ。

定時を過ぎれば、あらゆるジャンルのオッサンが所狭しとビールを飲みふける、仕事とローンと闘病の話で盛り上がるのです。
立ち飲み屋と立ち食い蕎麦のスタンスは基本的に同じで、早く、安く、手軽がモットーではないでしょうか。
つまりは酒を飲むということを第一の目的として行く場所でありますので、長々と「ユルカワパーマ」の話や「エイベックス」の話をする余地などない殺伐とした場所なのです。

その点この酔心は「飲酒」という一点のみに力をいれまして、必要なもの以外を徹底的に排除した結果、「店員…必要かな?」となったのでしょう。

当然サービス料もなく自販機の価格で飲めるため、お小遣いに一抹の不安が残るオッサン達もも喜びがひとしお。
ただ、これでは自販機の前とかコンビニの前でも同じではないか?という貧乏根性丸出しのアナタ!!

しかと刮目してくださいね





F1000043.jpg

えー?!!生ビールの自販機だってーー!!

これこそが酔心の最強たる由縁なのですよ。300円を入れてボタンを押すと、無機質な機械音と共にビールがカップに注がれるのです


F1000050.jpg



楽しい!!何だかどうしようもないレベルで虚しく惨めだけども「やっぱり僕は通だなぁ」と自分に言い聞かせ、温かみのないの機械に囲まれながら哀愁をつまみに酒を飲むのであった。






おまけ

つまみ


F1000048.jpg


つまみ


F1000044.jpg


シメのラーメン

F1000045.jpg


テーマパーク



ブログパーツ SEO対策:B級
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。