レンタル
アクセスランキング Archives[ 2010年04月 ] - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れる想い (目黒)

2010年04月03日 00:33

オシャレと言えばフェロ!と代名詞になってしまっている事実が本当に恥ずかしいのですが(笑)、先日もですね、またインテリアショップを巡ったりしてしまいまして、その止めどないオシャレオーラを全身に纏わせながら、目黒通りをキラキラと華麗に歩いていたのでした。

食事は松屋、家具はニトリ、スーツはコナカの皆様には、どだい理解できないでしょうが、かっこいいビンテージの家具っていうのは二つとて同じ状態のものはありませんから、それこそ頻繁に足を運んで見つけなければならない、タイミングが命の買い物なのです。
先日もそんなオシャレっぷりを遺憾なく発揮していたのですけども、いきなり現れた目黒寄生虫館という魅惑の博物館に心を奪われてしまい、「オシャレすぎる散策へのたぎる情熱」が跡形もなく散ってしまった僕は、「家具を見に行ったら寄生虫をカメラで撮りまくっていた」という破壊的に意味不明な結果になってしまったのを悔やんでいたのでした。
そんなこともあり今回こそはオシャレな僕によるオシャレな休日をオシャレに満喫すべく、寄生虫館等のオシャレ要素ゼロな罠に引っかからないように、心に楔をしっかりと打ちこみ目黒通りへと再び出向いたのです。僕くらいのオシャレエンペラーになれば、目黒通りから学芸大学方面へ行くという超絶に「通」なルートを歩いたりするのです。
マジでオシャレすぎる自分が怖くて震えがとまらねーよ・・・。

この世のオシャレ要素を一手に引き受けたような自分のオシャレっぷりにウットリしながら歩いていますと、やんだ!・・・嘘?!地震の学習館ですって!!


P1070633.jpg


スッゲー・・・入りてー・・・・・

しかしながら「B的施設に引っかからない」と心に楔を打ったばかりですから、超絶にソソる施設ですけども入るワケにいきません。だって僕が目黒に来た目的はオシャレな家具を見るということなのですから!
非常に残念ですが二回連続で罠に引っ掛かるなんて、ザコキャラのような行動をとるワケにはいきませんから、僕は地震の学習館への思いをグッと堪えて目的のインテリアショップに行くことにしたのでした。




「いらっしゃいませ。地震の学習館へ」

はいー。罠に引っ掛かりましたー。
あれだけB的施設には入らないと宣言したのにも関わらず稲妻の速さで入館した僕を、皆様は汚物を見るような表情で眺めている事と存じますが、もうそういった視線は慣れましたので気にせずに生きていこうと思います・・・。
僕が受付のおばちゃんに聞いたところ、この施設は消火器、煙の避難、地震のシミュレーションができるようで、大変興味深いラインナップに沸き立つ興奮を押さえ切れませんでしたが、今日の僕の目的はあくまでもインテリアショップ巡りという究極にモテる企画だった為、その時間を確保しなければなりませんから地震体験だけを申し込むことにしました。

しかしながら地震体験は始まる寸前だったようで「先程行ったグループに急いで合流できれば、地震体験に間に合うかもしれませんよ!」という案をおばちゃんに教えてもらい、僕は走って地震体験グループを追いかけたのです。
正直この辺りで「何で僕は家具を見に来たのに地震体験グループを追いかけているのか?」と、マジで頭上に「?マーク」が乱立する展開に割と引きましたが、とりあえず今は合流する事が先なので必死の形相で探したのです。

いた!地震体験グループがいたよ!!

いたと言うより、もうすでに地震マシンの上で揺られてやがるのです!!


P1070611.jpg
(地震マシン)


マジかよ!!間に合わなかった・・・・・
しかしながら、ここまで来て諦めることなんてできませんし、僕の地震への思いは過去最高のものとなっていたのです。

「スミマセン!スミマセン!ぼ、僕も地震に入れてください!!」

今思うと、おもいっきり悲痛な叫びがとても気持ちの悪い案件ですが、そんな必死な僕を地震マシンで揺られている老人会の皆様は、「コイツ何でこんなに地震に情熱傾けてんだよ・・・」という酷くドライな視線を遠慮なく一気に僕に向けまして・・・・・だいぶ帰りたくなりましたが、もう四の五の言ってられませんので「すまねぇ!すまねぇ!」と下衆な笑みをヘラヘラと浮かべながら、僕は地震マシンに入れてもらったのです。
ともかく・・・・・これで地震体験ができる!

「次はビルの八階部分での震度7のシミュレーションです」とガイドのオッサンが若干僕の行動に引き気味な表情をしながら地震の説明をした後、ゆっくりとマシンのボタンを押したのでした。

ガガガガガガガガガ!!!!!!

コエー!地震コエー!!
震度7コエー!!

スッゲー!!!震度7スゲー!!!!
しかしながら立っていられないレベルじゃありませんから、「まあ、こんなもんか・・・案外平気だな」とガイドのオッサンをチラリと一瞥しますと、僕の余裕すぎる視線を感じたガイドのオッサンはニヤリと不適な笑みを浮かべて「実際の震度7は・・・この二倍!!」とここぞとばかりのキメ顔で言ってのけたのでした。
ハッキリ言って、地震というものを二倍と明確な倍率で言ったことに唖然としましたし、実際と違うんじゃあシミュレーションならないんじゃ・・・という気持ちになったのは言うまでもありません。

かといって「本物はこの二倍」という絶望的な言葉は、老人会と僕に未知数の恐怖を与えたものでして、僕らが地震のパワーに怯え、たじろいでいるにも関わらず、ガイドのオッサンはさっきのキメ顔を遥かに上回ったキメ顔で「次は・・・関東・・・・・大震災」と何故か囁き系で言いながらボタンを押して追い討ちをかけたのでした。

ガガガガガガガガガガ!!!!!

わわわ!!コエー!!超絶にヤベー!!

先程のシミュレーションより大きい地震。なんて!なんてパワーだ!!
しかしながら立っていられないレベルではなかったため、チラリとガイドのオッサンを一瞥すると、僕の余裕すぎる視線を感じたガイドのオッサンは、ニヤリと不適な笑みを浮かべながら今日一番のキメ顔で「実際の関東大震は・・・・この二倍!!」

わかったよ。もういいよそれは。




皆様も地震に備えて一度体験してみては如何か
スポンサーサイト

かなまら祭2010

2010年04月09日 23:09

桜舞い散る今日この頃、皆様も気持ちを新たに四月という時を迎えていることでしょう。進学だったり新社会人としてのスタートだったりと、四月という時期は一月よりも「一年の始まり」を感じさせる特別な季節だと僕は思っています。
ですから僕も先輩社会人の責務として、気持ちを引き締めてフレッシュマン達に「プロとは何か?」という精神論を語り倒してあげようと暑苦しい情熱の炎をメラメラと燃やしていたのですが、リクルートスーツが何か妙にエロかったので、もうどうでもいいです精神論とか。流行りませんし。

ともかく四月という新しい風の吹いてくるこの季節を迎えるにあたって、如何に純度の高い気合いを入れられるか?そういった精神面での切り替えが、ビジネスに大きな影響を与えるのではないかと思っています。
旅行に行く、自己啓発本を読む、宗教にハマる、ビジネス名言をドヤ顔でツイッターに書き込む・・・・・
人によって気合の入れ方やストレスの解消方法なんて、多種多様あるものですから何が正解というものは無いでしょうし、間違いというものもありません。

ですから今日は特別にですが、僕の四月期における気合いの入れ方を教えます。










P1070797.jpg

かなまら祭です。

「うわぁ・・・チンコの祭をどうやってビジネスシーンに反映させんだよ・・・・・」と皆様はお思いでしょうが、マジで素人はこれだからいけない。
空という天辺を突き上げる隆々とそびえ勃つ一本のマラ・・・・・
そこには強い上昇志向、つまりは出世欲が現れているワケでして、更にはその野心の塊のような神輿がマラ(男性の大トロ部分)なんですから、我々男はグッと気持ちが引き締まる思いになるのは間違いありません。と理由を付けてみたものの「そそり勃つマラ→出世」という流れがマジで意味不明でしたし、「どこの島耕作だよ・・・(セックスしてるといつの間にかビジネスがまとまって出世している漫画)」という案件ですので、僕がこの記事の無理矢理な流れで始まった冒頭から書き直したい気持ちになっているのは皆様もお気づきだと存じます。

かなまら祭りに来るという事に何らかの意味を付けたかったのが原因ですが、正直に言ってしまいますと「チンコが好きだから」という本当にしょうもない理由だったのには僕自身情けなさで涙が出そうでしたので、無理矢理四月に絡めて格好つけた結果がビックリするくらいの自爆でした。愛嬌。

さて肝心のかなまら祭ですが、大まかな内容は昨年と変わらないものの大盛況。
唯一、変わったものとしてエリザベス神輿がリニューアルした!という期待せざるを得ない情報を仕入れた僕は、あまりの嬉しさに駆け寄ってみたものの「防水仕様」になったという「なんだよそれ!どうでもいーよ!!」というものだったのには唖然としました。

昨年

RIMG3263.jpg




今年

P1070809.jpg
(つやが出ました)


もちろんかなまら祭りですから、名物のチンコ飴をペロペロ舐めながら歩いている女の子がいたりしてまして、少し恥ずかしそうに舐めている様子を「今日はお祭りだから気にしないでどんどん舐めなさい」と菩薩のような微笑みで眺めていたのですが、その子の後ろから現れたアメリカ人の女は「お前は何と戦ってんだよ・・・」というハードコアな加え方で、チンコ飴の根本まで飲み込む光景に、僕は巨根大国アメリカの意地を垣間見た気がしました。
かといってよくよく考えましたら世界的に見ても異質な祭ですし、チンコの大きさや飴の豪快な舐め方は残念ながらアメ公共には負けるけれども、こんな下品な祭を開催しちゃう国民性なのですから本質的な変態度は僕ら日本人の方が遥かに上!!
そう!つまりはアメ公共よりこの祭を真から楽しんでいるのは、世界が誇るHENTAI国家の日本人でなければならないのです!!チンコ祭という変態イベントの盛り上がりで負けていられません!!


とは言ったものの、なんだよコイツらの満面の笑顔は・・・・






P1070790_20100409230643.jpg
(鼻チンコメガネと、それを利用してデニムから出すチャーリー・シーン)

正直おもいっきりモザイク無しで載せたかったのですが、アイツラらマジで訴訟に躊躇も遠慮もない国の申し子ですので、ビビりまくった僕は物凄いスピードでモザイクを入れてみました!!

だけど・・・なめんなよ・・・くそアメ公共が!!
これから浮かれてるオマエらがビックリするような、ドピンクなチンコの神輿が出てくるんだよ!!

僕は勝ち誇りました。
こんなノリとテンションとコーラーだけの国に負けるわけいきませんからね。マジで甘いよなアメ公はよーー。アメリカンドッグでもしゃぶってな!!
だいたい・・・そんなチンコ眼鏡じゃあ、僕らエリート変態の日本人はマジで負ける気しませんよ(笑)
さあ!エリザベス神輿にひれ伏しな!!
アメ公共が恐れおののく姿を想像して、僕が勝ち誇りニヤリと笑ったそのときでした。











P1070818.jpg

何がコイツをそうさせるんだよ・・・勝てる気しねーよ・・・・・



過去記事:かなまら2009レポ

祭りのあとに

2010年04月18日 14:46

先日かなまら祭りに行った僕でありますが、マラ飴、マラキャンドル、マラ酒、マラ手ぬぐいと多種多様な魅惑のマラグッズがある中で、僕が購入したのは水に入れると6倍になるチンコという「それが何の役にたつの?馬鹿なの?」との意見に反論の余地の無いオモチャでありました。

またしても冒頭からチンコという単語が出てきたことに、数少ない女子の読者の方々は稲妻の速さでブラウザの閉じるボタンを猛連打していることでしょうが、女子供に媚びないブロガーを自負している僕ですから、電車内やオフィスで気軽に読めないブログだと言われても全然気にしないで続けさせていただきます。

確かに「6倍になるチンコのオモチャが何の役にたつの?」と問われたら、「マ、マジで!何の役にもたちまん!!」と悔し泣きで答えるほかありませんが、大きいものはカッコイイという畏敬の念は男には必ずありまして、例えばタイタニック、今ならスカイツリーを必要以上に大きく作っている理由は、やはり「大きいものは凄い」という単純な憧れが根底にあるからなのです。

「造船や建築技術とチンコの大きさを同列に語ってんじゃねーよ!!」とチンコの世界に明るくない方々には思われそうですが、男の世界において「チンコがデカい」これだけで尊敬の眼差しを受け、発言には説得力ができ、歩いたところが道となる・・・
それくらいチンコがデカいというのは凄いことなのです。

そんな人体のカリスマ部分が、まさかの6倍になるというのだから僕が買わないワケがありません。

「水に入れると6倍になるチンコのオモチャを一つ!水に入れると6倍になるチンコのオモチャを一つ!僕にください!!」

物凄い数で売れ残っていましたのに、興奮して二回言ってしまったことが超絶にキモめだったのですが、焦った僕は300円を売店のおじさんの手にねじ込み、晴れて6倍チンコを手に入れたのでした。
牛丼が270円で食べられる時代に、膨らむだけのチンコのオモチャが300円というのはマジで意味がわかりませんでしたが、この時の僕は何故かとても良い買い物をしたと満足感でいっぱいだったのです。

そしてかなまら祭りから一週間後、カバンの中を整理していたところ突然出てきた6倍チンコ。


P1070837.jpg



購入していたことすら忘れていた本当にどうでもよい物でして、正直言いますと僕はなんであの時これが欲しかったのか・・・本当に自己嫌悪でいっぱいになったものです。
かといってあの日あの時あの場所で、僕は確かに6倍チンコの虜になったのは真実なワケでして、自分の気持ちに嘘をつくことはできない!!とキメ顔で立ち上がった僕は、気がついたら水を汲んだペットボトルにチンコを入れていたのでした。

説明書によると3日間漬け込まなくてはならないようでして、あまりの勃起への時間のかかりようにビックリしましたが、一番ビックリしたのが対象年齢6歳以上という注意書でした。ダメだろう・・・・・6歳は・・・

P1070841.jpg



子供の育成を気にする真面目な大人を演じてみたものの、水中でユラユラと揺れるチンコを期待感いっぱいの表情でニヤニヤと眺めている僕の目は、「歩くR指定」のニックネームがピッタリの醜いものでした。


そして・・・・・1日が経過






P1070844.jpg


多少は大きくなったものの、まだまだ6倍には到底及ばぬソチン。あと2日でどれだけの膨張を見せるか・・・


2日目






P1070845.jpg

これが6倍の膨張率のポテンシャルなのか。なのに、コイツ・・・まだまだデカくなる気やで!?べ、別に!羨ましくなんかないんだからね!!



そして運命の三日目










P1070864.jpg


ヤッター!!フルボッキやー!!まるで角やでーー!!





何やってんだよ俺は・・・

FC2さん?僕が急死したときに、自動的にブログを消去できるサービスとかないですかね?
酷すぎるだろう。この日記は・・・




ブログパーツ SEO対策:B級
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。