レンタル
アクセスランキング ロックハート城 その1 (群馬) - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロックハート城 その1 (群馬)

2009年07月01日 23:14

日本の城じゃなくて、ドラクエみたいな城が見てー!!
休日の朝、僕が一番最初に叫んだ言葉でした。
自分でも全く意味不明の叫びでありましたが、僕の心の底から沸き立つ止めどない城リビドー……



ロックハート城

P1040791.jpg

そう、僕は気がついたら群馬の山中にある西洋の城にいたのでした。
「大理石村ロックハート城」と銘打つこのテーマパークは、スコットランドのロバート・ブルース王に仕えていたロックハート家によって建てられた城を、移転・復元したロマンたっぷりスポットなのです。
スコットランドから大理石をシベリア鉄道で輸送するという大変な作業を経て、苦労の末に移築した場所が群馬の山中というB級チョイス。
そんなB的なロックハート城に僕は来ていたのでした。

ここのメインはモチロン城なのですが、その材料になる「石」の展示にも力を入れている施設でして、石好きな事に定評のある僕ですから、本当に願ったり叶ったりの城なのです。なんせ大理石村ですからね。

入場料千円
なんか石を見るということにお金を払うと考えると、物凄く高い気がしましたが、きっと凄いカッコイイ石なのでしょう。期待してますよ!ロックハート城!







うわぁ・・・

P1040792.jpg

・・・
地方の国道沿いの石屋を思い出してしまうような、Bマニの僕も楽しさを見いだしかねるクォリティーでございまして。
失敗?!という二文字が頭によぎりましたが、まだ入り口ですからね。

気を取り直したものの、どうみても「超つまんねぇ。帰ってビール飲みてぇ」な感じのオッサンがいたりして、なんか期待できないスメルが立ち込めてきました。

P1040804.jpg


物凄く帰りたくなった僕ですが、これから面白くなる事を期待して、石の展示「ストーンアカデミー」に行ってみます。






うわぁ・・・

P1040799.jpg

P1040795.jpg

本当に興味深いなぁ・・・・・
P1040794.jpg

しかしながら石のミュージアムと言っているワケで、そこに一ミリたりとも嘘はないですから、僕は虚ろな目をしながら「正直!」と一言呟き、ミュージアムをあとにしたのでした。
誰が得するんだよこれ…





城を見に山奥まできた僕が呆然としながら石のミュージアムから外へ出ると、突然の「みせしめ台」という拷問器具が置いてありまして

P1040802.jpg

罪人を拘束し、民から石を投げつけられる「みせしめ」の為の台。

なぜここに?

わかります。
石・・・ですよね。

石に関わるものなら何でも置いてみよう的な精神なのでしょう。

「残酷とか関係ない!石が関わってんだもん」
相当な石好きですねこれは。

僕はあるジャンルに傾倒し突き詰める、いわゆるマニアと呼ばれる人達と話すのはとても好きです。本当に何かを愛でていてこだわりを持った人間の話というのは、根底に本物の愛があるため総じて楽しいものですから。メディアに左右されたチャラついた奴の話よりよっぽど深みがあって面白いものです。

「ヘヘ・・・・・俺石好きだからみせしめ台買っちゃったよ」
でもね、これは即入院が必要なケースです。マジで理解できねーよ……なんなんだよこの施設は……

そのみせしめ台の隣に建物があったので、石を利用した拷問器具や武器等が展示されていると思った僕は、やっと面白い展示が見れると思い、その建物に満面の笑みで向かったのでした。
P1040814.jpg

「よみがえった石コロたちのミュージアム 片岡朱央の世界」のアットホームな展示コーナー。

なんだよこれは……
石の拷問器具は…?

またもや期待を裏切られたものの、石に絵を書くという片岡氏の作品、これが凄いんです。




パン

P1040806.jpg

果物

P1040811.jpg



P1040810.jpg

「無理矢理なんじゃあ…」

ヘイヘイヘイヘイヘイヘイヘイヘイ!!!そのオシャベリなお口を閉じな!!!

片岡先生に謝れよ!!

頑張って擁護したものの、なにこれ?なんなの?
石にパンの絵書いてなんなの?
物凄く理解不能で僕には良し悪しが判断できませんが、片岡先生!僕、こういう意味不明なのけっこう好きですよ。

きっと「お父さんがまた変な石拾ってきてんだけど!!」と間違いなく娘に言われいるのでしょう。
でも…仕方ないよね……?パパは石にパンの絵を書くのが趣味なんだから……







さて、そろそろ城に向かおうか…

つづく







P1040813.jpg

※写真:作品に囲まれる片岡先生。ステキです
スポンサーサイト


コメント

  1. ケン | URL | JkPZIk6.

    「みせしめ台」は、実際に使われた形跡がありませんね。
    石をぶつけてボロボロにすれば、雰囲気出るのに。

    しかし、パンの石はそっくりですね。
    誰でも作れそうな気もするけど…。

  2. フェロモン | URL | -

    ケンさん

    ヘイヘイヘイ!!
    片岡先生に謝れ!!

    というほど感銘受けてませんが、このテーマパークで一番楽しかったのも片岡作品であるという事実。
    他がつまんなすぎる。
    いろいろ迷走してますロックハート城

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyuujunkie.blog40.fc2.com/tb.php/41-f5d988d1
この記事へのトラックバック



ブログパーツ SEO対策:B級
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。