レンタル
アクセスランキング 船の科学館 別館 羊蹄丸(お台場) - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

船の科学館 別館 羊蹄丸(お台場)

2009年04月02日 13:43

※船の科学館 本館はこちら



北海道と本州を結ぶ連絡船

P1030338.jpg


「羊蹄丸」

日本人の生活に貢献し、引退後は船の科学館の別館として多くのフナーに愛されている連絡船なのです。船そのものを博物館にする心意気に敬意を表し、僕は感涙を禁じ得ませんでした。

皆様の想像通り嘘泣きである僕ですが、船内に入るなり持ち前の観察眼で一枚のポスターを発見

P1030398.jpg


ベロベロに酔い潰れながらも、あの日の羊蹄丸を思いふけるオッサン。時を経てもなお愛され続ける船なのです。
これは期待できます。推定50歳くらいの、会社員なら重役を担うであろうオッサンをここまで腑抜けにしてしまうほど羊蹄丸の魅力は凄いってことでしょうから。


博物館に入りますと、いきなり日本ではあまりいないんでは?というスタイルの船長がお出迎えです。

P1030343.jpg

身振り手振りしながら 「ようこそ~」 とか言うチープなスメルがプンプンでございますが。こういったお金かけてみたけどダサイというのは僕の大好物でありますが、ニヤニヤと満足気な笑みを浮かべて写真を撮っている僕が一番B級なスメルがするんじゃないか?と気がついたのは帰って日記を書いていたときでありました。将来が不安でしかたありません。




P1030350.jpg
イルカの乗り物


水中スクーター
P1030357.jpg

こういった王道のB級スタイルってほんとうに安心感があるもので、今の今までメンテナンスをし続けてきた運営に敬意を表した僕は、あふれ出る涙をあえて隠しませんでした。





またしても嘘泣きをカマした僕は、階段を降りて青函ワールドへと向かったのです。

このコーナーは当時の青森の生活を再現した空間でなのです。意気揚々と一歩足を踏み入れた先は

P1030362.jpg
P1030380.jpg
P1030370.jpg


KBO!! (高純度なB級のオンパレード)

これは!

P1030396_20090402132948.jpg

なんてKBO!
素晴らしい!! なんだよ。船の科学館の本館足元にもおやばねぇジャン?!
別館の方がハイレベルということでのB級感を敢えて狙ったとしたら、ここの運営者のレベルは相当のものではないでしょうか。恐るべし船の科学館運営陣・・・


しばらくすると親子連れが現れまして、「動かないから大丈夫」とやさしそうなママが子供に説明するという心温まる光景が展開されましたが

子供「ヤバい!」

P1030371.jpg

僕も怖い! 魚をこうやって持って帰る人いるのでしょうか? 妙にリアルすぎる人形は僕は大好きですが、子供にとっては少々バイオハザードな展示でしょう。しかし当時の過酷な生活を知るには良い展示であります。



突然オシャレすぎる人
P1030372_20090402132801.jpg



世界一美味しそうにオニギリ食べる人
P1030373.jpg



拳法の達人
P1030381.jpg



別れを惜しむセンチメンタル美人
P1030385.jpg




素晴らしいなぁ。羊蹄丸は。

そして 「お客さん、閉店です!」と寝ているオッサンを起こす店員

P1030393.jpg



こいつ!
P1030388.jpg


ポスターのオッサンじゃないですか!

カレーに日本酒とは、両者を打ち消しあう組み合わせがなんとも捨て鉢な心情が表れています。

それに店員

P1030389.jpg


首曲がりすぎですよコレ。もう何なの。アンタの首の方が心配だよ僕は。
マスターの頚椎に一抹の不安を覚えつつ、羊蹄丸を出たフェロであった


船の科学館 別館 羊蹄丸

B級度★★★★
デートに使える度★★★★
首の柔軟性★★★★★

ここを目指して行く価値あり





スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://bkyuujunkie.blog40.fc2.com/tb.php/7-7d889365
    この記事へのトラックバック



    ブログパーツ SEO対策:B級
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。