レンタル
アクセスランキング 馬の子 - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

馬の子

2009年10月29日 00:22

前回僕の下痢便についてのオシャレな日記を綴りました。

その時に「ビオレ発射ウォシュレットを発売しよう!」という、アル中丸出しの発言を薄ら笑いを浮かべながら綴ったのだけど、そういえば僕はウォシュレット使わないことに気がつきました。今。

厳密に言うと、外のトイレのウォシュレットは使わないということ。
僕は潔癖症ではないし、汚い定食屋とか大好きなのだけど外のウォシュレットだけはダメであります。

もともと洋式便所だって、不特定多数のメンズ達とケツを共有するイメージで嫌なのだから、それを遥かに超えたウォシュレットでのアナルの共有なんてとんでもない。
人類皆兄弟のスローガンにも程がある。

こんなこと言うとウォシュレット派の方々は口を揃えて「常に水が発射されてるのだからノズルにウンコは付着しない」と真顔で言うのが常なのだが、本当に?一ミリも?一滴すら?と僕は疑ってやまない。

まあウォシュレットという発明は綺麗好きな日本人が発明した素晴らしいメカ便座であるし、大雑把なメリケン達では考えもつかない繊細な発明である。

「便座から水を発射し肛門を洗おう!」この発想こそが変態大国日本の誇るべき着眼点であり、僕も初めて使った時には心から感動したものだ。



いや……

あの時から…ウォシュレットは僕の忌むべき相手だったのかもしれない。







あれは僕が中学生のとき、実家に突如ウォシュレットが設置された。
たいして高いものではないのだが、中学生の僕にとっては金持ちの象徴、権力者の証、皇帝の椅子のような非常にハイグレードな印象のアイテムだった。

ついにブルジョアの仲間入りかと興奮している僕の心と裏腹に、「便座が壊れたから、どうせ買い換えるならウォシュレットにしようか」という、全く夢のない「仕方が無いから・・・」とのブルジョア精神皆無な現実が普通に横たわっていたのに肩を落とした。
現実は常にドライだ。

それでも僕はウォシュレットという快適な排便生活の幕開けに喜び、嬉しさのあまり「早くウンコが出てほしい」と天に願ったのだ。
後にも先にも天に便意の催促を懇願したのはあの時だけだ。

早くウォシュレットを使ってみたい!!早く菊を洗浄したい!!
純粋で朴訥なフェロ少年は、一人わいた。

そして

時は来る…

今のように酒ばかり飲んでるクズな僕の下痢便とは違い、健康的でキュートなグッドスメルの快便をブッ放すいたいけなフェロ少年。

いよいよだ

いよいよ僕は排便の最先端を体感するのだ。


高まる鼓動
ほどばしる純情

僕はドキドキしながらウォシュレットのボタンに手をかける。
さすがハイテクノロジーメカ便座。
魅惑のボタン群が僕の好奇心を煽りに煽る。

水温、強さ、おしり…

ビデ…?

ビデ?

何のボタンだろうか。
意味不明だけど今は「おしり」以外あり得ないよね。
僕は押す。


「オーーウ!!こ、これは!!スプラッシュマウーンテン!!」

僕は浮かれた。歓喜の歌を唄った。


大満足した僕は「最高だよウォシュレット。文明の勝利だね!!ノーベル賞だよ!平和賞だよ!!」と興奮を敢えて隠さずに母親に言った。

そして、テンション上がる中、こうも言った

「ところでビデって何?」


今なら即切腹のクエスチョン。

あろうことか母親に対して「ほーら、ビデとはどこを洗浄するものなのかな?んー?」と安物のAVのようなセリフをプレゼントしたのと同じ格好だ

だって僕は本当に知らなかったのだから…
無知とは怖い。だからこそ、いつだって無知とは罪深い。


「・・・・・それは女性用」

と母の冷たくドライな発言に「そっか。男と女で肛門の位置は違うのだった!」なんて思うわけもなく、どこを洗浄するものかを瞬時に察知した思春期の僕は「あばばばば!!」と声にならない声を荒げて、顔を真っ赤にしながら自分の部屋に走り布団へ潜り込んだのです。

中学生という多感な時期に僕はとんでもない言葉責めをしてしまったのです。

それも・・・親に・・・・・


なんで「おしり」に対して「ビデ」なんだよ!!

「女性器」と書くのが筋でしょう!!


僕は布団の中でキレた。


全ては…ウォシュレット会社のせい!!!!!!!!!!

このときから僕は反抗期に入り、このときからウォシュレットが嫌いになったのかもしれない。








先日、いつも通りチョイ漏れな僕が飛び込んだデパートのトイレには、最新式の小綺麗なウォシュレットが付いていた。
最近は本当にウォシュレット付きのトイレが多い。
僕が思っている以上に世間様はアナルの共有を気にしないのだろう。

そんな大人気の最新式ウォシュレットにも、やはり昔から変わらずのビデ。
忌まわしきビデの野郎が平然とがいるのです。

「コイツのせいで僕は…」

沸々と過去の忌まわしき記憶が蘇り、僕の封じ込めていたビデへの怒りが再燃。

「よくも・・・よくも僕の平穏を!!!」


ぶっ壊したい破壊衝動にかられたけども、オイオイ待てよ。
そもそもビデって何の意味なんだろう?

時間は経ったものの、何一つ解決しちゃあいない。
僕はビデを知る必要がある。
知る義務がある。
過去の清算をしなければならないのだ。

帰宅後、僕は僕の人生を狂わせた忌むべきビデを知るべく、絶大なる信頼を寄せるWikipedia先生に聞く事にした。

20代後半の男が、夜な夜なビール片手にWikipediaにビデと打ち込む。
僕はいつからおかしくなったのだろう?


ビデからだ!!
屈辱のビデからだ!!



そんな燃え盛る僕の怒りを気にすることなく、淡々とクールにWikipedia先生は答えるのです。


Wikipedia

ビデ(bidet 仏)とは排尿、排便及び性交後の性器、肛門及びその周辺部を洗浄する為の器具である。南欧、特にイタリア、スペイン、ポルトガル、ギリシャの一般家庭のバスルームにはシャワー、便器と並んで必ず設置されており、現地人(男女とも)の日常生活に於いては必須の設備とされる。

洋式便器の使用時とは逆向きに跨り使用する。この使用法と形状から、フランス語で「子馬」を意味するビデという名称が付いた。



僕の憎んだビデの、あまりに意外な「子馬」という語源から

「べ、べんきょうになったなぁ」と言うほかなかった。
スポンサーサイト


コメント

  1. ポン太 | URL | -

    Re: 馬の子

    小さい頃、家族と見ていた映画で字幕に「ポルノ」と出てきて父親に意味を聞いたのを思い出しました。
    これ以外にもいろいろ…。
    こういう経験を繰り返して大人になると思うんですが、
    本当に無知とは怖いですね。

    ↓こっからは汚い話なので白字で書きます。


    今日、本屋で立ち読みした本によると
    朝起きてすぐの人間の口の中はウ○コの10倍の細菌がいるそうですよ。
    そして赤ちゃんコアラは母コアラのウ○コを食べて育つそうです。
    そして健康な人間の尿は意外にも無菌で、
    汗は尿の成分のバランスとか濃度が変わった物だそうです。
    布団を干した後のいい匂いはダニの死骸の匂いだそうで。

    ついイメージのみで物を考えてしまいがちですが
    エビちゃんとか佐々木希とかの朝起きてすぐの口の中よりおっさんの糞尿の方が清潔なのかもしれません。
    キスで10億個の雑菌が混ざり合ったりするようです。

    これ知ってウオェ~っとなりましたが。
    まあ、そうは言いながらも僕は清潔なウ○コよりも不潔なキスの方がいいんですが。

    今ふと思ったんですがドアノブもつかめない位の潔癖症の方は子孫を残せるんでしょうか。生殖本能が勝つのか潔癖症が勝つのか、これ結構気になります。


  2. 蝗 | URL | jqM4dR.E

    Re: 馬の子

    まさに子供のころの虎馬を克服したエピソード。
    よりによって親に聞いてしまった、というのがまた救われないですね、これが「2つ年上のお姉ちゃんに」とかだったらまだしも

  3. ケン | URL | JkPZIk6.

    Re: 馬の子

    あ~「ビデ」って、ボクもいつか調べようと思ってたけど、
    ずっと知らないままでした。
    ありがとうございます、大変ためになる素晴らしいブログです!

    ボクの性的トラウマといえば、小学生の頃に、
    バスから見えるラブホテルについて母親に聞いたことかな。
    でも中学生となると、ダメージは大きそうですね。
    御愁傷様です。

  4. フェロモン | URL | -

    ポン君

    色々教えてくれた中で、コアラの事情だけは知らなかった。
    むしろ白字で書くという技を知らなかった。  やるな。

    ともかく、家族で見るラブシーンの気まづさったら・・・・あまつさえ「ポルノって?」なんて・・・
    マジで死ぬよね


    蝗メン


    <2つ年上のお姉ちゃんに・・・

    実体験でしょうか!?
    良いと思う。親より・・・・・

    でも実際、「ビデって何?」と聞かれる親は多いでしょう。
    意味わからんもん。ビデってさー

  5. フェロモン | URL | -

    ケンさん

    小学生のころは、まさに「無邪気」
    歳を重ねて「邪気」になった僕たちは、「なぜラブホテルの意味をを聞いたのだろう」 「なぜビデの用途を聞いたのだろう」、そういった後悔の念にかられてしまうのが人の常と開き直るしかなさそうです。

    でも、家族で見ていた映画のエロシーンで途端に黙る、お父さん新聞読む、お母さん洗い物始める、そういったエロというものを秘め事とする日本文化は、これからも残って欲しいと思う次第です

  6. ↑野 | URL | -

    他人とア○ルを共有できない社会に発展する余地があるでしょうか。
    もし古来より人々がア○ルをもっと共有していれば、歴史上の争いの実に半分以上は無かったものと言えるそうです。(ア○ル禁止ワードかい!)

  7. フェロモン | URL | -

    ↑野さん

    だったら世間とア○ルの共有を避けている僕は、反社会的なアナーキーア○ルと言ったところでしょうか・・・
    マジでムカつくぜ!!ウォシュレット派共が!!

    TOTOさん、INAXさん・・・タバスコを放射する機能できないですかね?


    つーか、禁止ワードって何だよ!!ア○ルって書き込むと拒否されるんだけどさーー!!
    まあ下品ですからね

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://bkyuujunkie.blog40.fc2.com/tb.php/75-eeaaf26c
この記事へのトラックバック


最新記事


ブログパーツ SEO対策:B級
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。