レンタル
アクセスランキング Category[ イベント ] - 高円寺B級ハイスクール
FC2ブログ

ふるさと祭り2010

2010年01月24日 18:49

日本人ってサァ、はっちゃけて騒ぐ機会が少ないと思うのね。そういった慎ましやかな部分が美意識だったり雅であったりと、日本人の良さであるとは思いますけども、浮かれて、ハジけて、ハメを外すような騒ぎかたもたまには良いんじゃないでしょうかと僕は思うのです。

アメリカの青春映画なんか見ると、ことあるごとに「パーティー行こうぜ」と赤いキャデラックに乗って、大学一のボインちゃんを誘いに行くのが常なわけで、そういった大勢でバカ騒ぎをするという機会が日本人には少ない、つまり僕が言いたいのはアメリカのボインは天井知らず…ごめん…そうじゃなくて、ともかくアメ公どもはなんだかんだ生活の一部にバカ騒ぎする文化が根付いているわけで、帽子を斜めにかぶったりして「クラブ行こうぜ」とか「先輩のパーティーマジでパねぇ」とかクラミジアタウン渋谷あたりでシャウトしたところで、残念ながらただのトレースでしかあり得ないのです。

もう一つ申し上げますと、僕の嫌いなイベントにワールドカップというものがありまして、サッカーが本当に好きな人はとことん楽しめば良いと思いますが、「オフサイドって?」「ラモス出てないの?」レベルの方々がこれ見よがしに、ユニフォーム着つつフェイスペイントなんぞカマして応援してますと、性格の悪い僕は「お前の人生頑張れよ?人の応援する余裕あるの?」と酷く蔑んだたジトジトとした目で眺めながらビールをあおるのです。

先にも述べた通り、僕自身はもっと盛り上がる場が日本人に必要ではないかと思っておりますが、「12人目のメンバーは俺たちサポーターだぜ!」とかテレビなんかで見たりすると、痛々しさを通り越して薄ら寒さまで感じてしまうのです。やはりサッカーで騒ぐという外国文化を日本人がカッコイイと思い、無理したノリまでトレースしてるからではないでしょうか。
騒ぎたいけど騒げない。だからワールドカップに便乗しちゃおう!!まあ別に良いと思うんですよ僕は…
だけど、酒飲んで酒浴びて盛り上がっての「イエーイ!!」。
ノリノリになりたいけど、いまいちノリかたが分からない。そうだ!テレビで見た外国人のサポーターの真似をすればいいんだ!そこで炸裂するイエーイ!!
イエーイはないだろう…

やはり日本人である以上、何かをトレースした盛り上がりかたではなく「粋」という楽しみ方が最良であると思うのです。
相変わらずの無理矢理な展開ですが、そんな日本古来の楽しみ方、祭りの良さを確認すべく僕は東京ドームに向かったのであった。









「祭りに行くのに東京ドーム?それに前フリ長いんだよカス」という声が聞こえますが、ほんと、情報弱小の素人共は・・・呆れはてて臍で茶が沸きますよ。
いいですかね?

日本の祭りが集結するイベント「ふるさと祭り東京2010」が東京ドームで行われるのです。

P1060910.jpg

やはり日本人ですからね。日本の祭りで盛り上がらないと。これには高円寺の阿波踊りも出場したりして、もう本当にドキがムネムネ。
高円寺の阿波踊りといえば夏の終わりに行われる一大イベントでありまして、もちろん祭りだからタダで自由に見れるワケですが、「ふるさと祭り」は入場料1500円…
祭りを見るのに金払うとか絶望的に意味分かりませんし「コイツどんだけ祭りオタクだよ」という案件ですが、東京ドームですから仕方ないよね…と言い聞かせまして入場しました。






P1060915.jpg


(東京ドーム内で行われる各地の祭りと、マツオタの人だかり)



P1060967.jpg


(高円寺阿波踊りの皆様)

やっぱり祭りって商店街や住民と一体になってこそ「熱」があるわけで、稲妻の速さで飽きた僕はご当地グルメの出店に向かったのです。









P1060923.jpg

ザンギ丼(北海道で言う唐揚げ)


P1060935.jpg

イクラ丼

P1060941.jpg

カツ丼


「どんだけ食うんだよデブキャラ!! 」なんて声が聞こえますけども、これハーフサイズですからー(笑)。ミニですからー(笑)
まあ僕は別にデブキャラではないですけどもね。ただお祭りですから、ビール飲みつつ、出店で食べたりが醍醐味じゃないですか。



かに汁飲んだりしちゃうじゃないですかー

P1060931.jpg


「まだ食うのかよ・・・マジでメタボだな」と呆れ果てているかもしれませんが








P1060926.jpg

カニーラにすすめられれば仕方がないですよね。




兎にも角にも、祭りを見に来たのに気が付いたら飲食店めぐりをしてしまい、結局5000円近く使ってしまって、素直に昼から寿司屋でも行った方が良かったんじゃないかな?と思いつつ東京ドームを後にしたフェロであった!!

ラ チッタデッラのイタリア祭(川崎)

2009年11月29日 00:16

そりゃあ僕くらいのオシャレエンペラーになると、昼にワインなんぞ飲みつつ胸毛を見せたりだなんて、イタリア人も真っ青な休日をエンジョイしちゃうのね。(君達は松屋だけど(笑))

まあ僕がオシャレなだけだから松屋だって気にすることは無いんだけどさ、僕はさぁーなんていうのかなー?日本に住みながらも地中海の風を感じたいっていうか?きっと前世がジローラモなんだよね。

パエリアとか大好きだし(し、しまった。それスペイン料理だった!!)

だからさぁー、ラ チッタデッラのイタリア祭とかにわざわざ川崎まで行って、昼からワインの試飲したりしちゃうのね。
ほんとジローラモよりジローラモ。


IMG_0226_20091128154620.jpg

IMG_0218.jpg



ワインって酒の中でも一番奥が深いのよ。
美味しい葡萄作るのにミネラル豊富な土壌は必要だし、当然雨が降りすぎてもダメだから水掃けだって大事。そいった降雨量や、エルニーニョやラニーニャだったりと、地球規模の環境とかまで考えないとダメなんねワインは。

高いワインとかになると、一本の木から少しの葡萄しか採らない。
一房に多くの栄養を集めるために、他の葡萄はチョン切って間引きしちゃうのね。そういった美味しさの詰まったエリート葡萄でワイン作るワケ。だから美味い。

こうした作り手の苦労と情熱が込められてるんですよワインには。
だから僕はワイン職人を尊敬してるのです。

そんな神の飲み物を試飲できるのです。
幸せだなぁ














IMG_0230.jpg

えー?!イタリア祭なのにビールー!!?

文句あんの・・・かな?
別に誰にも迷惑かけてないですよね。確かに僕だってイタリアのビールがある中で、気が付いたらキリン買っていたことにはビックリしましたけどね。

僕くらいのビール好きになるとワインなんて目もくれずにビール買に行きますからね。
マジで庶民の酒は美味いなぁ

他にもニョッキやピッツァだなんてオシャレぶった食べ物があったけど、僕が食べたいのはモツ煮ですからね。




だなんて言いつつもイタリア祭ですからね。(祭とか言いながら超小規模)

IMG_0242_20091128154627.jpg


こんなドラクエの敵みたいなのが踊りまくっているんだから、本当はホッピーが飲みたい僕だって陽気にワインを傾けたい気分になるもの。
休日の昼からワイン片手にイタリアの音楽聞くなんて、マジでジャン・レノ(しまったフランス人だった?!)

IMG_0231.jpg



一杯百円で試飲できるのですよ。

IMG_0234.jpg

全部で15種類くらいかな?

やっぱり通なら一杯目はキリリと冷えた白ですよね。
いきなり赤とか飲む人ってホント素人。



IMG_0235.jpg

わー  少なーい!!


まあ試飲ですしね。
100円だし。文句言えませんからね。
味を確かめるだけの一杯だしね。

白、赤、赤とイタリア人もビックリするようなプロの組み合わせで試飲する、そのただならぬワイン通な僕のオーラに

「この人・・・前世がトマトだわ」

と、お姉さんの目が光った気がした。いや、しない。



さて次は何を試飲しようかなと、アルコール中毒特有の濁った目でワインボトルを眺めていたものの、気が付いたらビール買っててビックリした。

量少ないし。
イタリア人はチンコでかくてムカつきますしね。

武蔵野美術大学 文化祭

2009年11月08日 00:37

まあ僕くらいのオシャレエンペラーになると、「芸術」といった高い感受性を必要としたものにも興味があったりして、アート無しでは生きていけないっつーか、格好悪いものとかマジ自分我慢できないんですよね。

なかなか芸術に触れにくい日本だから、君たちに僕の気持ちは分からないと思うけど、アート中毒っていうのかな?アートに触れていないと不安になっちゃうのね。
だから休日の過ごし方なんかもオシャレ過ぎるから、美大の文化祭とか行って作品見たりするワケ。
やっぱり若い才能に早めに目を着けたりするのも、僕くらいのアート好きだとマジ基本だから。


で、行ってきました。
武蔵野美術大学の文化祭。

文化の日に・・・文化祭に行く!?粋すぎて困る。
モテる!?

「全く僕ってやつは風情の塊」と、酒臭い息を吐きながら青春の香り漂うキャンパス内に足を踏み入れたのです。


ム的パワー

P1060361.jpg


というキャッチコピーで開催される文化祭。
すぐさま「ム的パワーのムは武蔵野美術大学のムだな」と、いち早く察してどや顔の僕。マジ頭キレるなぁー。

そんなどや顔の周りでは、

「○○チャンがミスコン出るって(ビンビン!!)」

「△△君が出店やってるって(キャピキャピ!!)」

とまあ、青春真っ只中の大学生達が眩しいくらいに輝いているのです。

「いいなあ、大学生。恋に勉学に頑張りなさい」と、心の中で思うわけもなく、「何この男女比率の良さ。マジで美大ムカつくな」と、男汁溢れる大学生活を送った理工学部卒の僕は、醜い嫉妬を全開にした腐りきった目で、アート作品を舐めるように視てやったのです。

何がアートだよ!!何が作品だよ!!

一番の作品は君達の輝かしいセック・・・・・キャンパスライフだよ!!
僕はキレた。ひどく勝手に。ギンギンになりながら。

ともかく、美大の楽しさっぷりは異常。理系大学生特有の悲壮感、貧乏臭さ、イカのスメルとか皆無。男は全員オダギリジョー、女はモチロンの木村カエラ。みんな小綺麗でオシャレ。ラーメン二郎とか絶対行かない。ガチでカフェ一択でしょう。

「たぶん、この人達ウンコしないな。」僕は確信するのです。

そもそもさー、美術って学問ではないし、大学でやることなのかなー、と一通り言いがかりをつけたあと


「来世は絶対美大行きたい!!心から羨ましい!!」

と、都合の良いときだけ輪廻転生を信じる、オリジナル釈迦説法を持ち出すカスな僕。
そんなカスな僕が武蔵野美術大学まで来た目的は






IMG_0166.jpg

やっぱりチンコですよね。

アート好きぶってみたけど、これ見にきただけですからね。
チンコが一番アートだしね。変形能力とか凄いし。



男神輿

武蔵野美術大学伝統のチンコ神輿だ。
いや、神聖な神輿であるから、ここはチンコではなくマラと呼びたい。

※マラ
 仏教における「人の心を惑わし修行の妨げになるもの」という意味。男性器の隠語。



そして女神輿

IMG_0167.jpg


この二つの神輿がキャンパス内外を練り歩くワケだ。
かなまら祭りの天を突く形状とは違い、進行方向に向いた、何か目的を感じさせるスタイル。
良きマラです。
これを二時間ほど、武蔵野音頭を歌いつつ担ぎ歩くという結構過酷な儀式だ。

この時ばかりは女子も子供もお爺ちゃんもお婆ちゃんも、みんなニコニコと、不景気や凶悪化する少年犯罪、オレオレ詐欺も忘れ、それはもうウットリとした男神輿への熱視線に「マラは世界を救う」は本当だったんだなと、僕は感心したものです。

そんな素敵な時間も終焉に向け一気に加速する



広場に向かい合う男神輿と女神輿。




ぐるぐると回転し、女神輿にアピールする男神輿。
まるで求愛をする動物のように、女神輿の気を引こうとする男神輿。


すると、それに呼応するようにベールを脱ぐ女神輿


い、一体なにが・・・・









P1060398 - コピー





ア、アワビやー!!

ついに出た。女神輿の正体。
想像通りのアワビだったのです。



向かい合う二匹の獣







P1060398.jpg





獣の狂宴が・・・・・


物語が・・・・・・・・


今、始まる・・・









すると

「濡らせ濡らせー!!!」

との声に合わせ


IMG_0180.jpg

日本酒を浴びせられる女神輿。



こ、これは!?下品!!

いや、伝統ですからね。部外者の僕が下品とか言えるほど歴史ってのは浅いものではないのです。
全く愚かしい奴だぜ。俺って奴は!!




僕は見届ける。
この宴を・・・





前方ではすでにマラに手を掛け、押す姿勢の学生達。

P1060405.jpg




いよいよ。
いよいよ結合するのです。






いっせーの・・・














P1060406.jpg


セーックス!!







いつも以上に下品な表記になりましたが、僕のせいではないですしね。
伝統ですから。




寒い中、武蔵野美術大学の皆様お疲れ様でした。
良いキャンパスライフを









ブログパーツ SEO対策:B級